桜井正光の名言|古いものは捨てて、新しいものに入れ替えていく

新しいことにチャレンジし、付加価値を増大させていくしかない。古いものは捨てて、新しいものに入れ替えていく。

桜井正光 の経歴

桜井正光、さくらい・まさみつ。日本の経営者。リコーの会長。東京都出身。早稲田大学第一理工学部卒業後、リコーに入社。英国工場立ち上げや、海外販売会社の運営、研究開発部門などを渡り歩く。いままで営業畑の社長が多かった中で、初の技術者出身の社長となった人物。11年同社を経営し、売上高2倍、純利益5倍を達成した。そのほか、経済同友会代表幹事、NPO法人日本防災士機構評議員、などを務めた。仏レジオン・ドヌール勲章を受章。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社経営で大事なことはコミュミケーション、チャレンジ、コミットメントの3つの「C」。

ビジネスの世界は唯一無二の解がないからこそ、新しいものを見つけてチャレンジしている。

いつも自分の味方をしてくれる人がそばにいると精神的に安定しますし、新しいことにチャレンジする気力が湧いてくる。

常にチャレンジ精神を持ち続けてタイミングを逃さないようにと思っています。

スピード感を持って新分野にチャレンジしていくことが大事。

チャレンジすれば失敗の確率も出てきます。ただ、失敗から学ぶことは非常に大きいですから、そこから新しいものが出来上がっていけば良い。

チャレンジするという言葉が経営の全て。とにかく批判せずにやってみる事が重要。

チャレンジすることは時につらいものです。しかし、多くの企業が立ち向かってきました。これからも立ち向かっていかなければなりません。

市場の活性化のためには、あえてリスクを背負い、チャレンジする人材がなくてはなりません。

価値観の違いは変えられません。そこにこだわればストレスが溜まるだけ。違った価値観を認めながら、恐れずにチャレンジすることが大事。

ページの先頭へ