柳井正の名言|世界一にならない限り儲からない

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界一にならない限り儲からない。世界一でない限り成長できない。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「なろう」と強く思わなければ、日本一にはなれません。

営業マンには、提携会社だからと言ってMCJ(日本住宅ローン)の商品だけを勧めうることはしないでほしいと言っています。あくまでも選択肢のひとつとして紹介してもらうだけでいいのです。

起業するときは、自分は何が好きで、本当は何を目指したいのか――家族や住宅ローンなどの対外的な要因をいったん忘れ、ピュアに自分と向き合って深掘りすることが大切です。ただし、「解」はすぐには見つからないでしょう。でも、諦めずに考え続ければいい。それと掛け算して、明治時代や戦後の経営者たちの歴史を学び、世界のベンチャーを研究してみてください。

意志決定をするために重要なのは情報です。そして情報を社長一人に集めてしまうのが、過去の当社の経営スタイルでした。社長に集まった情報で、社長が最終決断をする。しかし、社長が間違った判断をしてしまう可能性もあり、リスクが高かったのです。そこで、社長一人に集まっていた情報を、より多くの人が共有して、絶えず議論しながら判断をするスタイルに変えたかった。それがグループ戦略会議です。

企業側にどんな人材が欲しいかを聞くと、よく「スキルも大事だが、コミュニケーション能力があることが大事」との答えが返ってきます。我々としては、生徒同士による勉強会や、履歴書や職務経歴書の輪読会などを積極的に開いてもらうようにしています。

いいときばかりは続かないよ。悪くなることを想定した対策を、良い時にしっかり考えておかねばならない。

日本企業が失敗しがちなことは、日本と同じようにマネージメントをしてしまうこと。日本企業は海外に出るとコミュニケーションをうまく取れるかどうかを、一番不安視します。日本的にコミュニケーションを取ろうとして、現地のトップに日本人を置いて日本風にしようとしてしまうのです。

ページの先頭へ