柳井正の名言|世界一にならない限り儲からない

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界一にならない限り儲からない。世界一でない限り成長できない。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

アジアの市場は膨らむ。日本はどう取り込んでいくか。「オレがオレが」では振り落とされる。いかに共生するか。これを日本取引所グループの課題として挙げたのです。

長い目で見れば悪いことは決して続かない。

物事は最初が肝心。「何かにぎやかで楽しそう」という雰囲気を作り出せれば、お祭りと同じで、後は宣伝に力を入れなくても、おのずと人が集まってくる。

意思決定は30%ぐらい情報が集まったところで行わないといけないとかねて思っています。50%の情報が集まったときでは遅いのです。やるなら、トップバッターで行くべきで、二番、三番というのはダメです。

前向きに生きようというときに、化粧品は女性が生きていく上で欠かせない必需品であり、ものすごいエネルギーを与えてくれるものだということを、東日本大震災の被災地に行って再認識しました。それを作っているメーカーとしては非常に誇りに思いますし、意識も変わってきます。

人は様々な原因で落ち込みます。しかし、そういうときに「これは自分への試練だ。天が与えてくれた試練だ。これを克服してこそ、より強い自分になれる。そういうチャンスなんだ」と考えればどうでしょう。こう考えればストレスなど溜まりません。

太刀の下は地獄よ、生死は一定(いちじょう)の定め事、この期(ご)に及び迷い相(あい)なし。

ページの先頭へ