原田泳幸の名言|売り上げの数字をキャッシュで買ってはダメ

売り上げの数字をキャッシュで買ってはダメ。目の前の数字をキャッシュで買うようなやり方をすると、そのお釣りが必ず何かに跳ね返ってくる。

原田泳幸 の経歴

原田泳幸、はらだ・えいこう。「日本マクドナルド」社長・会長、「ベネッセ」社長。東海大学工学部卒業後、日本NCR、日本ヒューレットパッカード、油田開発のシュルンベルジェ、アップルの日本法人社長、米国アップルの副社長を経て日本マクドナルドに社長としてヘッドハントされた。またベネッセの社長を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いまでも現場に取材に行って、自分で原稿を書くこともあります。もともと記者職が第一志望だったくらいで、書くのは大好きなんです。

有働由美子の名言|現場に行き続ける


クライアントの商売繁盛をお手伝いするのは、私たちの使命です。そこで私は、生き残り策を探るために、社員に「お客さまから褒められた経験」について聞き取りをしました。すると、「タウンページに広告を載せると受注確率が高いと言われた」などお客さまは我々の想像以上に、タウンページの広告効果を高く評価してくださっていることが分かりました。「エリア限定の情報ニーズは根強い」。私はそう確信しました。

岡田昭彦の名言|お客さまから褒められた経験を集めて強みを見つける


運が欲しいなら、「運なんかいらないよ」というぐらいの気持ちでいることだ。「運が欲しい! 運が欲しい!」と求めるから、かえって入ってこないんだ。

桜井章一の名言|「運が欲しい! 運が欲しい!」と求めるから、かえって入ってこないんだ


ほとんどの社員は真剣に働き、よく頑張っています。そこにフォーカスを当てるべきであり、怠けている社員に目を向けてはいけない。

小山甚一の名言|真剣に働き、よく頑張っている社員にフォーカスする


高知支店長時代、「どうしたら売れるのか」を取引先から支店の事務員、一般のお客様までひたすら尋ね続けました。他社で高知支店のことが話題になり、「キリンの高知支店の田村とは、よく人に尋ねる人物らしい」という評判が立ったほどです。

田村潤の名言|人に聞いて回る


自分の仕事を楽しめ。楽しくない仕事は長続きしない。何のために楽しむかと言えばお客様のため。世界にひとつしかない、お客様の満足する住宅を提供する。そのために侃々諤々議論をして、新しいものを創造していく。

小池信三の名言|自分の仕事を楽しめ。楽しくない仕事は長続きしない。


ベンチャーキャピタリストは常に産業の新領域に先行投資し、キャズムを越え市場に橋頭堡を築こうと努力する。投資を始めたときはいつも意見の少数派である。時代の伝道師的なところがある一方、必ず成功するとは限らないことから山師的と誤解される危険性の高い専門職でもある。この専門職は産業が発展するために絶対必要な職業である。もちろんベンチャーキャピタリストも起業家も一か八かの山師ではない。
【覚え書き|キャズム=多数派が自社の商品・サービスに手を出しはじめる前にある溝】

村口和孝の名言|ベンチャーキャピタリストも起業家も一か八かの山師ではない


商売も社会も、信頼の積み重ねで成り立つものです。信頼とは相手の立場になって、相手のことを考えることで醸成されていくものなのだと思います。

小坂敬の名言|信頼とは相手の立場になって、相手のことを考えることで醸成されていくもの


商品の魅力を伝える場合、商品の価格がいくらで、機能はこうですというのは、モノについて単に語っているだけになってしまいます。モノは使われて初めて人の役に立つ。「具体的にどう使うと、どういう目的を持った人に役立つのか」を、しっかりと伝える必要があります。

高田明の名言|商品の価格や機能だけを語っていてはダメ


高度成長期には、効率的な成長が求められ、それぞれの分野において「部分最適」の解を導き出すことで貢献してきました。しかし時代は変わりました。日本は成熟社会を迎えると共に、少子高齢化、地方創生といった課題も抱えるようになり、地球温暖化問題など、持続可能な成長が世界的な課題です。専門領域が細分化され、高い専門性も必要となっていますが、物事を複合的な視点で解決する「全体最適」の解が求められるようになったのです。

高木茂知の名言|「全体最適」の解が求められるようになった


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ