原田泳幸の名言|我々の改革は私一人でやったわけではない

我々の改革は私一人でやったわけではない。みんなでチームで考えてやったんです。私の役割はみんなの知恵をどうやって引き出して、どの知恵を結集して、どの知恵を捨てるかと、そういうところです。

原田泳幸 の経歴

原田泳幸、はらだ・えいこう。「日本マクドナルド」社長・会長、「ベネッセ」社長。東海大学工学部卒業後、日本NCR、日本ヒューレットパッカード、油田開発のシュルンベルジェ、アップルの日本法人社長、米国アップルの副社長を経て日本マクドナルドに社長としてヘッドハントされた。またベネッセの社長を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ビジネスのうえでの先読みとは、相手が何を求め、次にどう動くのかを知ること。ただ次の仕事の段取りを考えているだけではダメ。まずは相手を知ることから始めましょう。

小林一光の名言|ビジネスのうえでの先読みとは


1回言っただけで伝わると思ってはいけない。孫正義社長はプレゼンでも交渉の場でも、重要なことは何度でも繰り返していた。

三木雄信の名言|1回言っただけで伝わると思ってはいけない


新しい流れを作ることこそが世界を変えることに繋がっていく。それがベンチャーの世界の変え方。

須田将啓の名言|新しい流れを作ることこそが世界を変えることに繋がっていく


短期的な収益計画を追うよりも、顧客満足度を高めることで中長期の成長を狙うのが当社の特徴です。

加賀見俊夫の名言|短期収益よりも中長期の成長を


「それは違う、正しいのはこっちだ」。そういくら懇切に指導しても、たいていの部下は、素直に耳を傾けようとしない。一見、理解したような顔をみせても、また同様の誤りを繰り返し、「あれほどいっただろう……」と、上司であるあなたを憮然とさせてしまう。理由は明確だ。上司の目には明らかな間違いだと映っていても、部下の目にそうは映っていないからだ。部下にとっては、自分の価値観や思考パターンに忠実に従った結果なのである。

堀紘一の名言|部下は自分の価値観や思考パターンにしたがって動く


お客様との接する時間を倍に、できれば3倍にしよう、そう周囲に伝えています。結婚式は半年間かけてお客様とお付き合いしますから、打ち合わせの回数なども決めずに、できるだけお会いするようにします。そうしますと信頼度も変わりますし、人間関係ができますから、後から、ご友人などを紹介してくださるんですね。

渡辺訓章の名言|お客様と接する時間を増やすと信頼度が変わる


ネットビジネスの世界では、新サービスを一早く市場に投入した者が勝つことが多いのは事実。製造業や実店舗を持つ小売業などと比べると、スピードの価値が特に高い業界と言えます。

川邊健太郎の名言|ネットビジネスはスピードの価値が特に高い業界


ベテラン部下に頼みごとをするとき、言い回しには気を使いました。威圧的に「俺の言うことを聞け」という姿勢はもってのほか。かといって、「○○していただけませんか」という言い方も本質的には「やれ」と命令しているのと同じです。結局、部下は断る選択肢が与えられないのですから。私は「○○することは可能ですか?」という言い方をして、最終的な決定は部下に任せるようにしています。

原口博光の名言|ベテラン部下に頼みごとをする秘訣


学習塾の運営や経営者のコンサルタントをしていく中で私が感じたのは、皆、自信を失いつつあることでした。そこで、目標を持つ大切さに気づくために、日記をツールとして使うようにしたのです。結果、メンタルが不調だった人たちにも日記は効果を発揮し始め、多くの人が自信を取り戻し、ビジネスの成果を出しました。書くことは2つです。1つは未来。これからの目標ややりたいことです。もうひとつが現在で、その日の達成感や出来事に対して感情を含め記録していくことです。

今村暁の名言|日記の効果


料理人だけでなく、多くの仕事でも複数の課題を同時並行でこなすことが求められると思います。目の前にある課題に集中することはもちろん大事ですが、同時に「あの課題はどうなっているのだろうか?」と、ほかの課題についても常に意識を配ることが必要でしょう。そうすることで、だんだんと想像力が鍛えられて、いくつもの仕事が目の前に見えてくるようになるのだと思います。

川越達也の名言|複数の課題を同時並行でこなすことの大切さ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ