原田泳幸の名言|負の資産を処理するタイミングが重要

負の資産というのはタイミングよく処理すると、これからの経営に弾みをつける出発点になる。タイミングを失うと、もう永遠に足を引っ張る負の資産になってしまう。

原田泳幸 の経歴

原田泳幸、はらだ・えいこう。「日本マクドナルド」社長・会長、「ベネッセ」社長。東海大学工学部卒業後、日本NCR、日本ヒューレットパッカード、油田開発のシュルンベルジェ、アップルの日本法人社長、米国アップルの副社長を経て日本マクドナルドに社長としてヘッドハントされた。またベネッセの社長を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

生活必需品とは違い、基本的に私たちの商品は無くても生きていけます。その上でなお、欲しいと思っていただくため、ワクワクやドキドキを作ることに力点を置きました。

寺田和正の名言|ワクワクやドキドキを作ることに力点を置く


アイリスが度重なるピンチをチャンスに変えてきたのは、従業員の努力の賜物。彼らに報いるのは報酬だけでなく、見捨てずに育てていくという姿勢もあります。人事制度が従業員を、そして従業員が会社を強くする。人事制度に完成形はありません。だからこそ、挑戦しがいがある。

大山健太郎の名言|人事制度が従業員を、そして従業員が会社を強くする


我々の案件では、失敗するM&Aはほとんどありません。1つの案件につき、売り手と買い手の間を何度も行き来して慎重に進めているので、失敗事例は極めてまれです。当事者同士や素人の仲介で話を進めると、失敗しやすくなります。

分林保弘の名言|M&Aは当事者同士や素人の仲介で話を進めると、失敗しやすくなる


ワークライフバランスという言葉が急速に広がっている。その意味を「女性のための仕事と家庭の両立支援」や「仕事を減らして生活にゆとりを持つこと」と理解している人も多いだろう。しかし、企業が利益を追求する組織である以上、どのような施策も企業にとってメリットのあるものでなければ浸透させることは難しい。

荒金雅子の名言・格言|企業にとってメリットのあるものでなければ広まらない


会社のオーナーは一人の後継者をつくるだけではいけない。社内に経営者のチームを育てなければならない。組織や仕組みで会社が成長を続けていけるようにする。一人の優秀な経営者を待ち望むよりも、組織自体を確実にする方が正しいように思います。

柳井正の名言・格言|一人の後継者より、社内に経営チームをつくる


入行2年目になると、預金の流れに目が向くようになりました。日々の資金繰りが見えてくると、会社の実態がよくわかる。

岡内欣也の名言|日々の資金繰りが見えてくると、会社の実態がよくわかる


物事の成否は、その人の能力や情熱、運などの要因によるが、なかでも情熱が最も大事。

鑄方貞了の名言|情熱が最も大事


ビジネス上の決断に、裁判の判決のような細かさや正確さが求められることはまずありません。むしろ、一定のグレー幅の中で決断すればいいことがほとんどでしょう。決断が速い人はそのことをよく知っているから、素早い決断が可能なのです。

齋藤孝の名言|決断を速くするには


作品は「何を書いたか」が大切で、「誰が書いたか」は二の次だろう。しかし私にとって作品を信ずることは書き手を信ずることだ。

童門冬二の名言|作品を信ずることは書き手を信ずることだ


誰のそばにも、いつもいる明治にしたい。

浅野茂太郎の名言・格言|明治の目指す道


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ