田中健介の名言|志が高くなければ淘汰される側になりかねない

何事においても志が高くなければ躍進し成長していくことは難しく、ややもすると淘汰される側になりかねない。

田中健介(経営者) の経歴

田中健介、たなか・けんすけ。日本の経営者。外国人向け賃貸仲介会社「ケン・コーポレーション」創業者。愛媛県出身。早稲田大学第一政経学部卒業後、時計バンド製造販売の「マルマン」、外国人向け賃貸仲介会社を経て「ケン・コーポレーション」を設立。富裕層向けの賃貸仲介、ホテル事業などを行い同社を成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社長になってから後継者を考え始めるようでは遅い。コマツでは、上級の部長クラスから自分の「次の次」まで後継者候補を挙げ、社長に提出している。次の次になると直属の部下などではなく、周りの評判がよい人物を探すことになる。そうした人物はあちこちで候補に挙がるので、自然といい人材が浮かび上がる。

大事にしていることは「顧客の声を聞く」ことです。お客様にとって本当に使いやすい商品を提供することにこそ、私どもの存在価値があるのです。

いい子過ぎることが心配な面もあります。例えば、才能のある人が起業したいと思っても、親に止められると心配をかけたくないからと思いとどまってしまう。親世代の若い頃にはない仕事も多いので、「そんな仕事で暮らせるのか?」と挑戦を止める親に従う子も増えるかもしれません。その点では、日本をより良い国にするためにも、親世代には息子・娘の世代をある意味で「放置」してほしいですね。

「好き」をビジネスにすることには、大きなメリットがあります。第1には、「経営者の情熱と覚悟が途切れないこと」。第2には、自らがそのジャンルの顧客層のため、ほしいサービスや解決してほしい課題などの「新しいアイデアが浮かびやすいこと」。そして、その分野で培ってきた「スキルやノウハウがあること」。

問題を指摘したとき、部下が支離滅裂な言い訳を始めたり、開き直ったりすると、こちらもだんだんと腹が立ってきて、感情的になりがちです。すると、相手も感情的になって、話を聞き入れなくなる。感情を入れずに静かに話したほうが、相手もなんとなく怖さを感じて、落ち着いて話を聞いてくれます。

人間は非合理的な感情を持った動物ですから、体系的な手法では解決できない非合理的な側面をたくさん持ち合わせています。できなければ恥ずかしいとか、負ければ悔しいといった、人間の原初的な感情が強靭なバネとなって、ものごとに邁進する強い情熱を掻き立てます。目的を達成しようとする強い意志を備えた情熱が、事業を遂行し、競争を勝ち抜く力となります。

私の理想は、目障りにならぬような独立性、それとわからぬ静かな誇り、つまり他人の名誉や喜びと競合せず、嘲弄にも耐えることによって得られる、まったく他人に負い目のない誇りである。このような理想が、私の日常の習慣を高貴なものにせねばならぬ。

投資手段は、人によって合う、合わないがありますから、いくら本を読み込んで、特徴をつかんでいたとしても、実際にやってみなければ、どんな投資が自分に向いているかはわかりません。少額から試してみてはいかがでしょうか。株でも投資信託でも、ネット銀行やネット証券を使えば、数千円程度から始められます。

人は、あとから入った情報ほど鮮明に記憶する。つけ加えるひと言はポジティブなものにすることがコツ。

市販のもの(下着)はシンプルで無難だったり、ちょっと攻めていても、男性の視線を意識したセクシーなものが多い。だから私たちは女子から見たかわいさを追求したデザインを意識しています。そのぶん、男性からはウケが悪いようですが。

ページの先頭へ