田中健介の名言|志が高くなければ淘汰される側になりかねない

何事においても志が高くなければ躍進し成長していくことは難しく、ややもすると淘汰される側になりかねない。

田中健介(経営者) の経歴

田中健介、たなか・けんすけ。日本の経営者。外国人向け賃貸仲介会社「ケン・コーポレーション」創業者。愛媛県出身。早稲田大学第一政経学部卒業後、時計バンド製造販売の「マルマン」、外国人向け賃貸仲介会社を経て「ケン・コーポレーション」を設立。富裕層向けの賃貸仲介、ホテル事業などを行い同社を成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何の営業であれ、先方は最初、何を売りつけられるんだろう、騙されないようにしないと、と少し身構えているものです。その鎧を上手に取り除くトークができれば、「また会ってもいいかな」と思ってくれるでしょう。それを成功させるためのキーポイントは、誠実さ。なんとか相手のお役に立ちたい、という気持ちです。今さら誠実って言われても、手垢のついた言葉に感じるかもしれませんが、結局のところ、これに勝る武器は見当たらないのです。

政治家は常に選挙区に帰って地元の会合で「皆さんこうじゃないですか」と語り合うことが大事だと私は思う。何となく、最近は永田町と霞ヶ関とメディアの中だけで政治が完結しちゃっているような気がするんですよ。

トップメーカーの責務として、自らイノベーションの風を起こし、世界にその心意気を示すとともに、新たな需要を開拓したい。

役立つ商品を我々は提供できるようにしていく。こういうものがあったらいいなというものです。そんなに難しく考えなくても、現実にある現象を見ればそういうものが分かります。

もうダメだと思っているときに、いい仕事をいただけたということもあります。悪いことは、ずっとは続かないんですよね。もし一年くらい悪い時期が続いても、そのあとでいいことがあるとそこに集中して、悪かったことなんて忘れてしまいますし。そうするとうまく回り始めるんです。

最初に100個ほどアイデアを出して、妻とああでもないこうでもないとやって、いまの事業のアイデアが出てきた感じです。

失敗事例にこそ次の成功のカギがある。

主語がなくても話せて、結論を最後に延ばせる言語を使っていると、そういう(自分の意見を言わない)思考になる。「私」という主語を意識して、先に結論を述べよう。

広告やプロジェクトに携わるときに一番大切にしているのは、そこで伝えたいメッセージです。ものを作るということは、伝えたいメッセージがあって、それを形にして知ってもらうということです。そのメッセージが世の中にとって意義があるのか、自分の美意識を活用できているかを、いつも考えています。

ベネフィットの設定の仕方で、結果が変わる。例えば、パスタの開発者が、「ゆでるのに、10分かかるパスタを5分に短縮した。世界初の超技術」と消費者に提案しても、そこに誰もベネフィットを認めなければ、その発想も商品もそこで潰えてしまう。それよりも「カロリーを20%カットした」という方が消費者はベネフィットを感じて購買行動に走るかもしれない。

ページの先頭へ