田中健介の名言|志が高くなければ淘汰される側になりかねない

このエントリーをはてなブックマークに追加

何事においても志が高くなければ躍進し成長していくことは難しく、ややもすると淘汰される側になりかねない。


田中健介(経営者) の経歴

田中健介、たなか・けんすけ。日本の経営者。外国人向け賃貸仲介会社「ケン・コーポレーション」創業者。愛媛県出身。早稲田大学第一政経学部卒業後、時計バンド製造販売の「マルマン」、外国人向け賃貸仲介会社を経て「ケン・コーポレーション」を設立。富裕層向けの賃貸仲介、ホテル事業などを行い同社を成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

変化に気付くか否かで、今後の企業のビジネス展開において大きな違いが出る。

新しい試みがすべて成功するとはかぎりません。私の経験上、3回に1回ぐらい成功すればいいほうではないでしょうか。しかし、変化するいまの時代に、失敗を恐れていままで通りのやり方に留まってしまうのは、未来に大きな失敗を招く行為なのです。

極端な話、「話が苦手なので今日は読んじゃいます」と用意した原稿を丸読みしたっていい。それが良い企画で、魅力が伝わったとしたら、プレゼンは通りますよ。そのためには「これさえ話せば伝わる」という企画の要点をしっかりと見つけることが不可欠。要点の見つけ方はプレゼン資料の作成時に、企画を読み直しながら「要するに何?」と自問自答することです。一言でスパッと企画を表す言葉が見つかれば、華美な装飾はいらないわけです。

出世などということは、人の一生にとって大したことではない。小学校を出ただけの労働者の中から、エリート大学出身者がしゃちほこ立ちしても及ばない立派な人がたくさん出る時代である。

「TOEICテストで使われる表現は70%が再利用される」という説があります。それに例えば、メールで使う表現や契約書の文面などは、ビジネスにも即役立ちます。「マークシートを塗りつぶすこと」を目的にTOEICの教材を使うのではなく表現集として使えば、本物の英語力が身につきます。そう思えば「覚えよう」というモチベーションも上がりませんか?

自分もかつて、仕事でうまくいかなかったとき、不平を言ったら、ある上司から「ならお前は納得するまで動いたのか」と言われ、戒められた。

重要なことは口を酸っぱくして言わないとダメです。組織ができても、コンセプトやポジショニングが不明確だと社員は動きません。ですから、私は220人の管理職全員と年に1回、じかに面接をしています。

ページの先頭へ