山海嘉之の名言|どんな場所でもやればできる

このエントリーをはてなブックマークに追加

ざっくり言えば、私は場所を選はないほうです。どんな場所でもやればできると思います。やりやすい場所はあります。シリコンバレーとか、人が集まり易い場所もありますしね。それはありますが、筑波は筑波でいいところが沢山あって、やり易いところもある。また、やりにくいところもあります。


山海嘉之 の経歴

山海嘉之、さんかい・よしゆき。日本の工学博士、経営者。ロボットスーツメーカー「サイバーダイン」創業者。岡山県出身。茨城大学工学部卒業、筑波大学大学院工学研究科博士課程修了。筑波大学大学院システム情報工学研究科教授を務めながら、ロボットスーツメーカー「サイバーダイン」を設立し社長に就任。ロボットスーツの普及に尽力した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

意識を変えるには、仕組みや社風から変えないといけない。ビジネスモデルを整えたり、企業体質をよくする活動をしたりといった積み重ねと仕組みによって意識は変わる。

「なんとなく話題だから」という理由でよく調べぬまま金融商品を買うと失敗しやすい。勢いで買わずによく調べること。世間のウワサに流されないように。

以前は私も「俺の指示どおりにやれ!」などと一方的に命令して、うまくいかないことも多かった。そんな反省から、信頼して任せると決めた。

うちでは店長が売れると思ったら、和食でも洋食でも、フランス料理でも何のメニューでも出していい。僕は「かまへん。好きにやり」と言うだけです。ただし、売れないとダメだし、40品目くらいあるグランドメニューは変えてはいけません。それ以外のところで創意工夫せよということです。

製薬事業は長い年月と数百億円の資金を投入してやっと完成しますが、縦割りのセクショナリズムや自分の着想だけでやっている自己完結型の研究では何も成功しません。研究者やグループ、あるいは研究所などの組織間のコミュニケーションやネットワークこそが一番大事で、それが成功のカギを握っています。

上司との関係をつくるうえで気をつけるべきなのは、経過報告を欠かしてはならないということ。これを怠ると、上司は「軽んじられた」と感じ、関係が悪化する。

運というものは、ひとつのことを愚直に貫いている人の所に転がり込んでくるのです。

ページの先頭へ