山海嘉之の名言|自分達の理念をしっかり伝えていく

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分達の理念をしっかり伝えていく。その理念に賛同していただいて、多くの投資家から資金を投じてもらう。次の時代の企業のあり方を1つ、僕は示していると思っていて、これまでの沢山モノを売れば、経済サイクルが回るという消費型経済から、新しい提案をしていきたい。


山海嘉之 の経歴

山海嘉之、さんかい・よしゆき。日本の工学博士、経営者。ロボットスーツメーカー「サイバーダイン」創業者。岡山県出身。茨城大学工学部卒業、筑波大学大学院工学研究科博士課程修了。筑波大学大学院システム情報工学研究科教授を務めながら、ロボットスーツメーカー「サイバーダイン」を設立し社長に就任。ロボットスーツの普及に尽力した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

時代はどんどん変化していくわけですから、変化の先にあるものに対して、独自性を持った新しい商品・サービスを作り続けるということを忘れてはならない。

お客様と会話するときは、当然のことなのですが、お客様を個人としてきちんと見るということです。その姿勢があれば、来店された際のご注文の内容や、交わした雑談などが自然と頭に入るはずです。そしてそのお客様がまた来店されたとき、「前回、ステーキの焼き加減はウェルダンだったかと思いますが、今回はいかがなされますか?」「最近、巨人は調子がいいですね」といった感じで話しかけることができるのです。

敬語は訓練によって身につけていくしか方法がありません。職場には敬語に詳しい人がいるものです。その人の言葉遣いを真似てみたり、書いたものをチェックしてもらうなど、「人みな、わが師」の気持ちで教えを請うことはとても大切だと思います。

テレビに代表されるデジタル家電はエンターテインメントの要素が大きく、生活に不可欠なものかというと、実はそうではない。しかもモジュール化が進み、仕入れた部品を組み立てれば、誰でも一定の品質の製品を作れてしまう。そのような分野の家電では差別化が難しく、価格競争に陥るだけだ。

大きな目標があれば休日の過ごし方も変わります。無駄な時間をなくし自己投資や人脈づくりの時間を増やそうとします。社長らしい広範な知識を身につけるべくあらゆる本を多読精読するのです。そうやって日々を過ごすと、真の実力がつきます。

テクノロジーの進歩の特徴は、変化のスピードがものすごく速いということ。私たち自身も脅威を感じることがあるほど、経営環境は激動しています。

お客さんは法律の話なんか聞きたくないと思うんです。知りたいのはどう法律を使えば課題が解決できるのかという、その方法。その領域をどう学び、実際に即した解決策を提示できるかが士業としては非常に大事な視点なのかなと思っています。

ページの先頭へ