大久保治仁の名言|マネジメントとは、社員のやる気を引き出すこと

マネジメントとは、社員のやる気を引き出すこと。

大久保治仁 の経歴

大久保治仁、おおくぼ・はるひと。日本のコンサルタント。早稲田大学政治経済学部卒業。ストラテジクスパートナーズ パートナーなどを務めた。著書に『経営革命参謀』『マネジメント魔術』『夢はじめの一歩』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

上着の綻びは直ぐ繕える。しかし、きつい言葉は子供の心を傷つける。

忙しいなら、朝の時間を活用してもいいと思います。私は47歳のときに本格的にゴルフを始めました。それまでは、お客織様とのゴルフも上司に任せていました。しかし、「自分のお客様は自分で見ろ」といわれてしぶしぶ始めたら、面白くてのめりこんでしまった。凝り性なんですね。ただ、当時は事業部長で練習する時間がなかなか取れません。そこで朝5時に起きて、ドライバーをかついで自転車で練習場へ。会社にいく前に一汗流していました。朝一でゴルフする物好きは私くらいかと思っていましたが、早朝でも練習場にはけっこうな人がいた。みなさん、朝をうまく活用されていたようです。

今、企業が社員に求めるものは、労働時間ではなく成果です。成果が上がるなら、どこで何時間働いたか、どれだけ休みをとったかは、問題ではなくなってきています。今盛んに議論されている「働き方改革」の本質は、ここにあると考えています。

ホールディングスを相当研究したことがあるのですが、自主独立がなくなることと、ホールディングスと事業会社のどちらに経営責任があるのか、よくわからなくなるということでやめました。文句を言うだけのホールディング会社では意味がないですし、アメリカからシステムを持ってきただけのものだと思ったので、私は日本の経営にはそぐわないと判断しました。

選手との年齢ギャップ? 全然考えたことがない。自然体です。

「利より信」を続けていると、幸せにする範囲も広がっていきます。毎朝の清掃活動では、お隣の店前や道路も併せて掃除をする。地域の行事やボランティアにも、積極的に参加する。そうした地道な取り組みから、好循環が生まれ始めました。

政治家をやっていると、追い風も向かい風もある。バタッと風が止まるときもある。そのときは、崖から飛び降りてでも自分から風を起こせ!

資産不相応な融資をしたり無理算段の投資をしたり、おのれの器量以上に大きな仕事や不慣れな事業に手を染めたり、いたずらに成功を焦ったり、堅実を欠くに至った人たちが失敗に帰している。

落ちる前に手を打つことが大切なのです。そのタイミングは勘としか言いようがありませんが、いずれにしろ、駄目になってから変えるのではなく、一番いいときに変えないといけません。

新卒としての下積み経験もまた、その後の人生の豊かさにつながります。経営者の子息として生まれても、直ぐに親の会社には入社せず、取引先などで下積みをするのは、幅の広い経験をするためです。

ページの先頭へ