大久保治仁の名言|マネジメントとは、社員のやる気を引き出すこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

マネジメントとは、社員のやる気を引き出すこと。


大久保治仁 の経歴

大久保治仁、おおくぼ・はるひと。日本のコンサルタント。早稲田大学政治経済学部卒業。ストラテジクスパートナーズ パートナーなどを務めた。著書に『経営革命参謀』『マネジメント魔術』『夢はじめの一歩』。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

米P&Gでは、「新製品開発の50%以上の案件は、外部パートナーと協力して行うこと」というルールを設けています。「組み合わせる」ことの重要性をよく理解している事例です。

私みたいにめちゃめちゃ悪い子でいる必要もないが、「本当かな、これ」ということを若い人が言わないでどうする。

事前のシミュレーションはしない方がいい。新しい取り組みをするのであれば、なおさらやらない方がいい。「成功するかどうか」なんて考えたら、「やらない方がいい」という結論が出るに決まっている。

日々の取り組みについての相談は、自分なりの仮説を持ってするべきです。人間関係を良くするための相談は、キャリアやメンタルの状態など、個人的なことがいいでしょう。

独立したら毎日のスケジュールも自由なので、自分を律することができないとムダに過ごすことになりますし、自分の行動指針を持たねば、成果も出にくいものです。ただし、セルフコントロールできる自信がある人には、自由は大きな武器になりますし、会社勤めにはないやりがいを満喫できます。

情報社会の扉が開かれ、いまや誰もが言いたいことを声高に主張し合う時代になった。いくら価値のあることを提案しても、アピールの仕方が稚拙であれば、あなたの主張は埋没してしまう。訴えかける内容の是非だけではなく、アピールの方法そのものも、厳しく問われている。

実力以上の目標を無理して設定すべきではありません。マラソンでも実力が伴わないのにスピードを上げると、一時的には先頭に立てても必ず失速します。ただ、安全圏内に目標を設定しているかぎり成長はあり得ません。無理ではないが、これまでの限界を超えるレベルに目標を置いてみることが大切です。

ページの先頭へ