大久保治仁の名言|マネジメントとは、社員のやる気を引き出すこと

マネジメントとは、社員のやる気を引き出すこと。

大久保治仁 の経歴

大久保治仁、おおくぼ・はるひと。日本のコンサルタント。早稲田大学政治経済学部卒業。ストラテジクスパートナーズ パートナーなどを務めた。著書に『経営革命参謀』『マネジメント魔術』『夢はじめの一歩』。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ノートに夢ややりたいことを書きなぐって、繰り返し書いてイメージを具現化したことが、業界では今まで見られなかった完成形へとつながっていった。

私はマーケティング畑一筋でしたが、新しい仕事の提案をするたびに、「手強い相手」が必ずといっていいほど現れました(笑)。「前例がない」「社内のどこかと競合する」ことばかりだったからです。けれども、それを避けていては、仕事にならない。発想を逆転させて、彼らと積極的に仕事をする方法を、試行錯誤の末に導き出したのです。

多くの愚者を友とするより、ひとりの知者を友とするべきである。

振り返ってみれば、体力も気力もあるときに辛い仕事をいっぱいやったことが、将来につながった。

私は誰にはばかることなく「私はワンマン社長です」といいます。それは、社長こそ企業そのものだと考えているからです。社長のビジョンはそのまま組織のビジョンです。社長が元気なら企業も元気、社長のやる気はすなわち企業のやる気。とくに中小企業はそうですし、またそうであらねばなりません。

就任後、営業や工場、商品企画など全国の現場を回るなかで、「広告が地味すぎる。もっと刺激的なものを」など生々しい意見を多数聞いている。商品のつくり方をはじめ、残すものは残し、変えるものは大いに変えていく。

一流というのは読んで字のごとく、一本の流れなんです。だから、群れて淀み、わき道にそれながら流される人間は一流ではありません。

「開発者はこれだけ頑張ったので何とかしてほしい」などという泣き落としで、商品化が実現することも珍しくありませんでした。これではお客さんの視点も何もあったものではありません。

人の頭の良さなんて、誰でもそれほど変わりません。仕事がスムーズに進まないのは、余計な情報を増やしてしまうから。だから私は、どんな案件でも4人の取締役の誰かに振ります。メールは来た順にその場で処理しますし、通話はガラケーでしてメールはスマホで処理する、といった仕事の型を決めています。余計な情報が入って迷うことがないようにしているのです。

自社ブランドの眼鏡を世界に売りたいと、1980年に初めて海外進出しました。英語を話せる社員を1人採用し、最初はシンガポールに6泊7日のパッケージツアーで乗り込みました。観光はせず、2人で現地の代理店に「うちの商品を扱って欲しい」と頼んで回ったのです。いまではアジアや欧米を中心に世界100カ国で自社ブランドの眼鏡を販売しています。「シャルマン」といえば、世界のメガネ業界で通じるブランドに育ちました。

ページの先頭へ