寺田航平の名言|参入障壁が高く効率が悪い業界を狙う

データセンターの事業は、非常に参入障壁が高いが故に大企業に席巻されていて効率が悪い。ですから逆に「これはいける」と雷に打たれたように感じました。

寺田航平 の経歴

寺田航平、てらだ・こうへい。日本の経営者。「ビットアイル・エクイニクス」社長。東京出身。慶應義塾大学法学部卒業後、三菱商事を経て寺田倉庫に入社。その後、ビットアイルを設立。そのほか、日本データセンター協会理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お釈迦様も欲をゼロにしろとは言っていません。足ることを知れば穏やかでいられるということです。飛び交う情報に惑わされ、他人と比較をするから、劣等感を感じ、不安を呼び、苦しみ悩んでしまうわけです。

公文公(くもん・とおる。創始者)は常々指導者や社員に「未完成であることを自覚せよ」と語り、「これでいい」という思い込みで進歩を止めることを嫌っていました。

業績が悪化すると売り上げ偏重となり、失敗ができなくなります。その結果、野球で言うならバントばかり狙うようになります。しかし、もっとホームランを狙えるような企業風土をつくる必要があります。

理念が大切なのは否定しようもありませんが、経営は、まず戦略から始まる。

どれだけ頭で正しい判断をしていても、周囲の人々、ステークホルダーがついてくるような人でなければ、物事は動かない。

ウィークデー以上に集中力を発揮できるのは休日です。土曜日は役員会の日と決めているので、電話も来客もない午前中はとくに貴重です。長時間かけて、社内情報や講演などの原稿を書きます。

業績の悪い会社は事務所に入ったとたん、会社の雰囲気やアレッと思う感触を持ちます。現場に入って五感を働かせると、机上の書類や議論からは決して理解できない何かが必ずつかめるものです。

トレーニングを続けるコツは、運動の「強度」と「時間」を自分のライフスタイルに合わせること。この2つが自分の許容度をオーバーしていると続きません。

相手が興味のある話をしないとダメ。人の水田にジャガイモを植えるんじゃなくて、いい苗を持っていくことが大切。

映画プロデューサーの仕事の一つに、制作チームの編成があります。僕は、組み合わせのシミュレーションに、しつこく時間をかけます。チームの質が、映画の出来を左右すると思うからです。

ページの先頭へ