寺田航平の名言|参入障壁が高く効率が悪い業界を狙う

このエントリーをはてなブックマークに追加

データセンターの事業は、非常に参入障壁が高いが故に大企業に席巻されていて効率が悪い。ですから逆に「これはいける」と雷に打たれたように感じました。

寺田航平 の経歴

寺田航平、てらだ・こうへい。日本の経営者。「ビットアイル・エクイニクス」社長。東京出身。慶應義塾大学法学部卒業後、三菱商事を経て寺田倉庫に入社。その後、ビットアイルを設立。そのほか、日本データセンター協会理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ名言

ページの先頭へ