鈴木敏文の名言|批判したい人にはさせておく

このエントリーをはてなブックマークに追加

批判したい人にはさせておいて、我々はこれだと信じたことをやるだけ。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分自身がわかればリスクも理解できる。

住む、働く、憩う、遊ぶ、といった様々な機能がコンパクトに複合した街は、当時の日本にはまだ存在しませんでした。最上階に美術館があり、映画館や飲食店、オフィス、住宅が混然一体となった場所で、絶え間なくイベントを企画し、コミュニティの場を作っていく。ビルを作ったら終わりではなく、街を活性化させる仕掛けづくりを続けてきたことが、六本木ヒルズの画期性だったんです

自動化して大量に焼こうとすると、どうしても生地をコンベヤーに乗せて焼くことになりますが、そのコンベヤーの微妙な振動さえ焼き加減に大きく影響するので、私たちは自動機械を決して使いません。また、いくら職人の腕が良くても、職人に任せっきりにすると、次第に味が変わってきてしまいます。私は毎日、カステラを食べ、少しでも味に変化があると思ったら、すぐに工場へ飛んで行って、どうして味が変わったのか徹底的に究明させてきました。お得意様から少し味が落ちたんじゃないかと言われたら、もう手遅れと考えなければいけません。

重要なことは、経営トップに会うことです。下の人に会って人脈を作っても、人事異動でどこかに行ってしまい、それまでの苦労が水の泡になります。いかに経営トップに会うか、新人の時から心がける必要があります。

幸か不幸か、攻撃する側がウィルスの完成度を確かめるために、力スペルスキーのソフトで検知されるかどうかを試すともいわれています。つまり、守る側も正しい選択をしている企業とそうでない企業では、危険性が圧倒的に異なるわけです。

駆け引きの名手は、「さみしい」「うれしい」「楽しい」といった喜怒哀楽を要所で取り入れ、相手の感情を揺さぶります。

「すべての情報をインプットしてから、アウトプットを始めるのは不可能」ということも知っておいたほうがいいでしょう。私たちは論文を作成したり、プロジェクトを進めたりするとき、必要な情報をすべて集めてから取りかかろうと考えがちです。しかしそんなことをしていたら、いつまで経っても情報収集が終わらず、物事が進まないのは明らかです。

ページの先頭へ