鈴木敏文の名言|お客様の欲しいものは何かということに向き合っていけば、やることは沢山出てくる

このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の欲しいものは何かということに向き合っていけば、やることは沢山出てくる。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いつの世も反道徳的リーダーは「でも、それ以上、やりようがなかった」「悪意はなかったが、ほかの人もやっていたから」などと言い訳をします。ですから、若い皆さんには「NOと言える賢さ」を身につけてもらいたい。金融・経済をもっと勉強しなければならないのです。

他人とは違うことをするからこそ、革新が生まれる。

野球で例えれば、10勝0敗のピッチャーをうちは雇わない。後で立ち直れないぐらいの負けをやることがありますから。負け越しはだめですが、7勝3敗ぐらいがいい。接戦で敗れることもあれば、自分はよかったけれども中継ぎや後継ぎがダメで負けることもあるでしょう。こうした「負け方」をむしろ味わってほしいと思っています。

本格的に育成に力を入れ始めてから、営業職員の定着率は飛躍的に向上しています。

我々の社会は、求めようとしない者には何ひとつ与えない。

成功には時間がかかりますが、失敗はすぐにわかる。だから、ちょっとやってみて、失敗だと思ったら、すぐ次に行けばいい。

私は「投資なきところに成長なし」という理念を持っています。たばこ業界3番手の当社は、事業投資によって中長期的な企業価値を高め、株主の期待に応えていきたい。

ページの先頭へ