鈴木敏文の名言|豊かな時代になっても人間の欲は無くならない

このエントリーをはてなブックマークに追加

豊かな時代になっても人間の欲は無くなりません。ですから、その欲にあった商品やサービスを開発していけばいい。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人様の物真似でなく、お客さんの声を聞き、社員が頑張って新しい業態を作ってきた。それがハード&グリーンです。

日本では、暗い演壇でスライドだけに光を当て、自分は陰に隠れたままレーザーポインタで指し示すというプレゼンをよく見かけます。このやり方は、おすすめできません。自分の姿を隠すのは、提案内容と自分を切り離したい、提案内容が批判されても無傷でいられるように自分は安全地帯にいたいという気持ちのあらわれです。そんな人のプレゼンを信じられるでしょうか。

思想や哲学というものは、最終的に自分の頭の中で言葉を使って考えますよね。つまり、たくさんの本を読んでたくさんの言葉や理論、理屈を知っておくというのは、まさしく自分独自の考え方や哲学をもつための材料になってくるわけです。つまり、読む本は少ないより多い方がいいし、簡単なものより難しいものの方がいいということになります。

出会いというのは力がつけば、相応に巡ってくる。

二人のビジネスマンがいたとします。一人は問題に対して自分ができることを真剣に考え、現状を改善するためにあらゆる努力をして1年を過ごしました。片やもう一人は「やっぱり上司が駄目だから」と文句をつけて1年が過ぎてしまいました。1年後の2人を比較すると、前者の方が断然成長しているはずです。

いかに前例のなさというブルーオーシャンの中に新しを追い求めるか。ここに、これからのビジネスの成功を考えるうえでのヒントがある。

若いころの私は、真空管の研究者でした。しかし当時、真空管の技術はすでに成熟化し、たくさんの優秀な科学者が先端の研究を担っていました。そこへもたらされたのが、20世紀最大の発明であるトランジスタです。私はいち早く真空管に見切りをつけ、トランジスタの研究に打ち込みました。

ページの先頭へ