鈴木敏文の名言|過去の延長で物事を考えていると判断を誤る

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の延長で物事を考えていると判断を誤る。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

顧客に対してであれ、部下や他部署の人に対してであれ、「この人の話なら聞いてみよう」と思わせるものがあるかどうかが問われます。

好きなことだけにのめり込んではいけない。他の分野へチャレンジできなくなってしまうからだ。自分の好きなもの以外、見えないようにするのは馬鹿げたことだ。

株式会社とは、株主と経営者と社員が同じ夢を見る組織です。

「知恵」の力を磨くには、いろいろな方法があると思いますが、「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という格言があるように、歴史的に評価が高い賢人の教えに学ぶのが基本的で確実な方法であろうと思います。環境は時代によって大きく変化しますが、人間の本質は簡単には変わらないからです。

認知症予防とは、その対極にある「よく遊び、よく学ぶ」生き方を具現化することにあります。積極的に人生を楽しむ姿勢を持ち続けること――それが認知症への最大の防御となるのです。

インターネット販売がこれだけ普及してくると品揃え・価格・デリバリーでは勝負できない。我々は単にモノを売るのではなく、その先のあらゆる問題を解決する“御用達精神”で「モノ」売りよりも「コト」売りを強化する方針を掲げました。

もし自分が弱いと考えるなら、一度失敗して学ぶのもひとつの道です。失敗のたびに悪い方向に行ってはいけません。ピンチは最大のチャンスです。これをプラスに生かさない手はありません。失敗したときに自分がどう動くのかに、その人の能力や人間性が表れます。

ページの先頭へ