鈴木敏文の名言|少し先を見て仮説検証を繰り返す

このエントリーをはてなブックマークに追加

常に自分で少し先を見て、それからもう一度、自分の手元、足元を見直していく。そして仮説を立て検証していく。その繰り返し。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業というのは継続することが一番大事。世の中の変化に合わせて、企業として継続し成長するような仕組みを作っていくことが何より大事。

プレゼンで重要なことは、本当に大切なことのフォーカスすることです。「あれも、これも、みんな重要です」というのは、何も重要ではないと言っているのと同じです。

常に付加価値を付けようとする意欲を持つことや、健康を維持することなどに関する投資は、何十年も続くことを考えても、「短期ではなく長期に結果を求めること」が、ビジネスパーソンにとって大切です。

世界は大きな車輪のようなものですからね。対立したり、争ったりせずに、みんなで手をつなぎあって、まわっていかなければなりません。

イシューとは問題解決の鍵となる本質のことです。仕事を進めるとき、イシューを見極めず、タスクばかりを見ている人が多いと思います。

私のスケジュール管理のポイントは、アポイント以外の時間、たとえば資料作りや準備の時間などもスケジュールに組み込むということです。もうひとつは、映画や観劇、家族との食事など、仕事以外の予定もその中に入れること。

過剰に褒めちぎれば、人は暴走します。また厳しいことを伝える際、肝心な点に言及せず優しいことだけ言っていても効果はありませんよね。だから目的をはっきりさせたうえでバランスを考えながら、どんな言い方が適切か、常に判断する必要があります。

ページの先頭へ