鈴木敏文の名言|過去にとらわれてはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去にとらわれてはいけない。だって時代は変化しているんですから。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

多くのベンチャー経営者とお会いする中で、企業に長く勤めていた人が独立して上手くいかないケースがあるのは、独立前までの決断経験が少ないことも一因かもしれないと思うようになりました。会社にいれば多少のトラブルがあっても、既定路線の中で生きられます。会社経営はサラリーマン生活からは想像しえない新しいことや、とんでもないことが起きます。既定路線の中では人間の生臭い決断の経験が不足することもあるため、経営に迷いが生じるのかもしれません。

長男など特定の人がオーナーの後継者になるとしたら、一族のほかの人たちは一種の大株主集団、あるいはお目付役としてガバナンスを利かせることができます。そうすることで経営に規律がもたらされます。事業継承にあたって、このあたりをうまくルール化できているところが生き残り、そうでないところは問題が生じてしまうということだろうと思います。

どういう自分が社長として部下から見て、かっこいいのか。やり方ではなくて在り方が重要。

結局は、自分が自分を納得させなくてはいけない。僕も、役がつかみきれないとき、仲間や演出家がいくら手を差し伸べてくれても、自分が納得できないと演じられません。

役者に対する愛をもう少し感じた方がいいなと前々から思っていたんです。他の監督さんを見ていると、愛というより遠慮なんですね。怒らせちゃいけないとか、失礼がないようにというのがとても強い。でも例えば、何でそんなに眉間にシワが出ちゃうのみたいなことをやっぱり本人に伝えないといけない。あなたを格好よく撮るためですよ、美しく撮るためですよというのをきちんと役者に分かってもらいながら。

独創性とは何か。万人の目の前にありながら、まだ名前を持たず、まだ呼ばれたことのないものを見ることである。人の常として、名前があって初めてものが見えるようになる。独創的人間とは、命名者である。

投資は将来を見るものなんです。だから、過去の一時期の数字だけでいい会社を判断できますか?どうしてもROE(株主資本利益率)を使いたいなら、自分で予想財務諸表をつくって、将来のキャッシュフローの予測や予想ROEをはじき出すぐらいまでやらなくちゃ意味がありません。

ページの先頭へ