土光敏夫の名言 格言|各部門が議論し合う体制を作れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

各部門がお互いに議論しあうのは良いことだ。馴れ合いで議論そのものがなくなることは、恐るべき腐敗だからだ。しかし、その議論はあくまで前向きでなければなるまい。議論は「互いに自らを問う」ところから始まらねばならない。自らの姿勢を正すことが先決である。


土光敏夫 の経歴

土光敏夫、どこう・としお。日本のエンジニア、実業家。「石川島播磨重工業」「東芝」社長、「経団連」名誉会長。東京高等工業学校(のちの東京工業大学)卒業後、石川島播磨重工業に入社。その後、東芝との合弁会社の社長を経て、石川島播磨重工業社長に就任。合理化を徹底し経営危機を乗り切る。その後、経営危機に陥っていた東芝の経営再建を依頼され社長に就任。第4代経団連会長。「ミスター合理化」「荒法師」「怒号敏夫」「行革の鬼」また猛烈な働きぶりから「土光タービン」と呼ばれた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私がスターバックスで成し遂げた最も誇れることを一つ挙げるとすれば、会社で働いている人たちとの間に築いた信頼関係である。それは多くの企業に見られるような口先だけのスローガンではない。我々はパートタイマーを含む総合的な健康保険制度や、全社員を対象とするストックオプションなど画期的な制度を導入してきた。倉庫係も入社したばかりの小売店員も人間として敬意を持って待遇されているのだ。

昭和24年、東京大学法学部に籍を置いていた私は、GHQで通訳のアルバイトをしていた。その時、私はGI(米軍兵士)の中に奇妙な連中がいることに気付いた。彼らは一兵卒なのに、高級車を乗り回し、将校以上にぜいたくな生活をしているのである。さらによく観察すると、不思議なことに同じ白人でありながら、彼らは仲間に軽蔑され、嫌われているのだ。「Jew」彼らは陰でそう呼ばれていた。ユダヤ人である。

クリエイティブになれ!と部下に叱咤してクリエイティブにはならない。

社員が心豊かな人間になればその個人はもとより、会社にとってもプラスになります。メセナといった場合、多くの人がお金を出しておしまいですが、うちはそういうことをしない。いまいったように、かかわった文化事業では、たとえば関係の職人さんごと抱え込んでしまいます。メセナ(企業が芸術・文化活動にカネ・ヒト・モノを支援提供すること)は社員の頭を柔軟にし、組織を柔らかくするためにも必要です。本業だけに関わっていたら、新しいアイデアは生まれません。創造とは、頭をひねって難しいことを考えることではありません。

いろいろ研究していく中で、デリバリーでは出せないピザもあるわけなんです。たとえば、サーモンのピザ。高温のオーブンで焼くとただの焼き鮭になってしまうんですが、生地だけ焼いて、上にフレッシュサーモンを乗せるとすごくおいしいピザができる。またはレタスやトマトなどのフレッシュな素材をトッピングするのは、お店じゃないとできないんです。その次なるフランチャイズや、商品開発のための実験店舗、それが外食事業部の始まりだったんです。

一日一日を精一杯働き、その結果について反省するのはいいが、くよくよ考えるのはよそう。

私は作業といえる仕事は一日3時間程度しかしていませんでしたが、会社はうまくいっていました。その後、もうワンステップ上がろうとしたときに、一日18時間労働に切り替えたら、考える時間が無くなって気が付いたら会社が倒産していました。【覚書|上記発言は過去に潰してしまった会社について語った言葉】

ページの先頭へ