広川恵の名言|自分の思いを商品を通して皆様にご提供できるのは、すごく幸せなこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

「こんな贅沢なことはない」と感じるのは、自分が欲しいと思う商品をつくることができること、そして自分の思いを商品を通して皆様にご提供できるのは、すごく幸せなことだと感じています。


広川恵 の経歴

広川恵、ひろかわ・めぐみ。日本の経営者。「MY AUDREY」社長。熊本県出身。36歳の時に素肌美を手に入れる美容法に出会い、フェイシャルケアのインストラクター資格を取得。美容サロンをオープン。その後、「MY AUDREY」を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当たり前に聞こえるかもしれませんが、経営者に必要なのは、やはり「常識を捨てよ」「やり抜け」です。

いい会社とは、顧客満足度と収益を両立できるところ。

本を読んで得たことを人に語るという行為も重要です。人に語るためには自分自身が思考を整理しなくてはならないからです。そして、自分の意見に対する他の人の意見を聞くことで、その思考はさらに深まっていくのです。そして、こうした積み重ねによって、自分独自の視点が醸成され、イノベーティブなアイデアや知識を生み出せるようになるのです。

企業が多国籍化し多様化した現在、「産業」とは「企業」の集まりを意味しない。産業とはむしろ「現場」の集まりである。どの国にどの現場を持つかに関する企業の意思決定の集積が、各国の産業構造を決めるのである。とりわけ、設計現場の立地決定が、産業の存否にとってこれまでに増して重要である。

夏の暑い時期の集客のために、プールを開設しました。プールを常設にすると、何億円もの投資が必要となりますが、それでいて2カ月しか稼働しません。そこで、アメリカで仮設のプールを探してきました。これを使えば、投資は数千万円程度で済みます。これで夏場もお客さんがぱっと増えました。

所属の感覚を持てるようになると、仕事上のほとんどの困難を乗り越えていくことができる。いかに早く新人に所属の感覚を持ってもらうかということが分かれ目となる。そのためには、新人の周りの人たちが「あなたはこの職場にとってなくてはならない存在」であると感じることである。

成長の秘訣と呼べるものはありませんが、挙げるとすれば2つ。会社の調子がいい時に経営者自身が尊大にならないこと、そして問題を先送りにしないで早めに手を打つことです。

ページの先頭へ