鈴木敏文の名言|絶えず質を追求することで、お客様のニーズにお応えしていくしかない

このエントリーをはてなブックマークに追加

大事なことはあくなき追求です。絶えず質を追求することで、お客様のニーズにお応えしていくしかない。企業活動とはその繰り返し。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

情報を子供にインプットしていくと、コップから水があふれるように自然に子供たちが意見を言うようになるのか。そうではありません。問われないと意見は形成できないし、まずは間違ってもいいから意見を言ってみないと始まりません。さらに論理的にしていくためには、ディベートのような方法で鍛えないといけません。

自分自身ではない他の人に焦点を当てて物事を理解しなさい。

経験は組織が与えてくれるものであると同時に、人が与えてくれるものだと思っています。私はこれまで番組スタッフや出演者、取材対象者など多くの人と出会うことで育てられてきたと実感しています。お世話になった人から頼まれた仕事は断らないと決めているのは、せめてもの恩返しです。

一生懸命に考え工夫すれば、何かしら方法は見つかるはず。人間、窮地に追い込まれると頭を使いますから、知恵を振り絞ればいい。

過去の成功体験が私に自信を持たせてくれた面はあると思います。

営業には特別なセンスやスキルが必要なわけではありません。最近は、技術系の人が配置転換で営業に来ることも多いのですが、そういった人向けの研修では、私はまず「みなさん、おめでとうございます」で始めます。営業は楽しく自己実現できる部署だからです。もちろん、最初はみなさん営業に苦手意識を持っています。しかし、営業の仕組みをつくって、メンタルブロックを解消してあげれば売れるようになります。それができるかどうかは、営業マネジャーにかかっているのです。

金儲けの上手い人は、無一文になっても自分自身という財産を持っている。

ページの先頭へ