鈴木敏文の名言|お客様にとって便利なものを提供していけば受け入れられる

このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様にとって便利なものを提供していけば受け入れられる。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

朝は頭か冴えているし、ポジティブに考えることができます。夜だと考えるうちに思考がネガティブになり、泥沼から抜け出せなくなってしまい、時間ばかりがどんどん過ぎてしまいます。「夜明けの来ない夜はない」ではないですが、一度寝てしまえば頭がリセットされます。寝ている間に頭の中が整理されて明るくなれる。

成績の悪い部課長を降格するような人事はしません。社員の能力は長い目で見るようにしています。

うちは初島クラブのように破たんしたリゾートを相次いで再生してきました。経験から言えば、再生とはビジネスモデルをガラリと変えることです。まず、社員の質の低下は絶対に避ける必要があります。悪い期間が長すぎると、本業が劣化してどうにもならなくなります。再生事業は生ものを扱うわけですから、この点でも悠長に構えず、危機感を持って事に当たらないと間に合いません。

ビジネスとは「市場が求める価値」を仕様に翻訳し、その提供手段のコストパフォーマンスを最適化する行為と言えるでしょう。ここで重要なのは世の移り変わりとともに、その市場も手段も変化するということです。

相手の立場から考えるということは、自分を客観視することにもなります。上司がパワハラまがいの接し方をしてきて、顔を見るのも嫌だというときに、その上司の立場になってみる。すると、上司も昇進試験間際でプレッシャーを受けていたり、ひょっとすると家庭問題でイライラしているかもしれない。上司の立場がわかれば、気分的にとてもラクになれるでしょう。気分的にラクになれば、解決法も見えて来て、思考の幅も広がります。上司を上から目線で見られるほど、物事を引いて見ることが大切です。

国際共同開発で主導権を握るには、自国に十分な技術力があることが前提となる。研究開発を促進するための政策をこれまで以上に強化することが重要。

本当に考えきれないほどの喜びと楽しみに満ち満ちている光明世界である人生を、やれ気が重いの、つまらないの、面白くないの、晴れ晴れしないの、自分で自分の心のなかに風呂敷かぶせて、そして自由にならないって、もがいていることぐらい滑稽なことがありますか。

ページの先頭へ