鈴木敏文の名言|他店との競争ではなくて、自分たちが変われないことに問題がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

他店との競争ではなくて、自分たちが変われないことに問題がある。


鈴木敏文 の経歴

鈴木敏文、すずき・としふみ。日本の経営者。セブン&アイホールディングス会長。中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手のトーハンに入社。その後、イトーヨーカ堂へ移り、創業者伊藤雅俊の右腕として活躍し、セブン-イレブン・ジャパンを設立。コンビニエンスストアという形態を全国に広め小売業界を激変させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いま、社内でも社員同士ができるだけフェイス・トゥ・フェイスでコミュニケーションをとることを奨励しています。メールの文字だけではやはり不十分です。忙しくても顔を合わせ表情やしぐさを確認し合ってこそ本当の絆が生まれるのです。これは、国境や年代を超えた、普遍的な価値なのではないでしょうか。

今日、来週に行うことを思いつくと、その内容をポストイットに書いて机に貼っています。やるべきことが視覚化されていれば、忘れる心配はなくなり、安心して目の前の仕事に集中することができます。付箋の数が増えてくると、無言のプレッシャーとなり、処理のスピードも速くなるというメリットもあります。

当面の目標を立てたら、まずは1カ月間、やり続けることです。1カ月続けたら、意識が変わります。そして100日続けたら、必ず結果が出ます。さらに300日続けたら、自然とやる気が湧いてくる体質に変わるでしょう。つまり、「継続は力なり」ならぬ、「継続は変化なり」なのです。

人生は何が吉と出るかわからないのだから、思ったことははっきり言ったほうがいい。上司にとってもズバズバ物を言う部下のほうが分かりやすいはず。

社長として最も意識するのが会社の持続です。そのためには企業として成長を続けないといけません。

グリーは世の中の多くの人が誤解しているかもしれませんが、ずっとうまくやってきた会社ではないのです。私から見ればこの10年の歴史でそれなりにうまくいっていた時代はほんの2~3年です。それ以外の時期は、ほかの会社と比べてプロダクトが劣っていると言われたり、会社に未来がないと言われたりすることの方が多かった。

資金繰りが上手くいっている会社は、財務体質が健全であるだけでなく、借金の管理や契約条件の設定、収益やキャッシュフローの管理、優遇税の活用について、可能な限り最善の戦略を備えているものだ。契約条件によっては、月並みなビジネスチャンスが、ビッグビジネスに化けることも珍しいことではない。

ページの先頭へ