ピーター・ドラッカーの名言・格言|企業が新しいものを創造する3つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

組織は新しいものの創造に専念しなければならない。具体的には、あらゆる組織が三つの体系的な活動に取り組む必要がある。第一に、行うことすべてについて耐えざる改善を行う必要がある。第二に知識の開発、すなわちすでに成功しているものについて、さらに新しい応用法を開発する必要がある。第三にイノベーションの方法を学ぶ必要がある。イノベーションは体系的なプロセスとして組織化することができるし、まさにそのように組織化しなければならない。


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

良いマシンさえ与えれば優勝する事が出来るだろう。

君たちは飲食業界を5年10年経験しているかもしれない。でも俺は、もっと長い年月、客の達人として生きてきた。君たちはレストランの達人になりかけているかもしれないけど、俺はもうすでに客の達人なんだ。だから俺の意見を聞けよ。【覚書:上記はスタッフが前に働いていた店のやり方や、普通レベルの仕事をしたことに対しての発言】

製造業の経営者にはとくに経験が必要不可欠で、今日のようなわからないことが多すぎる時代にあって、霧の中をさまようような状況下で経営判断を求められている経営者には豊富な経験こそがなによりも必要と言えます。経験を欠いた頭のいい人ほどおかしな行動に走ってしまうという結果になるのではないでしょうか。

大切なのは社員の意識だと思うんです。だから、常に新しい刺激を与え続けてさらなるチャレンジの機会をつくる。そして、いまや停滞は後退を意味しますから、常に前進し続けることです。その意味で、高い経営目標を掲げることが大切です。

愛なき人生は暗黒なり。汗なき社会は堕落なり。

何もしないでいるということほどつまらなくて恐ろしいことはないし、それ以上の時間の無駄は私には考えられません。よく自信がないっていう人がいますけど、家で座っていたら自信がやってきた、人に相談していたら突然自信が湧いたということはありませんから、自分で行動しながらやっていくしかないと思うんです。

事業というものは、もっともらしい計画や予測を立てるから成功するのではない。現実に起こっている変化を絶えず追いかけてそれにすばやく反応するから成功する。だからこそ事業戦略はダイナミック(動的)で、かつ先の読みがしっかりしていなければならないのだ。

ページの先頭へ