ピーター・ドラッカーの名言・格言|企業が新しいものを創造する3つの方法

組織は新しいものの創造に専念しなければならない。具体的には、あらゆる組織が三つの体系的な活動に取り組む必要がある。第一に、行うことすべてについて耐えざる改善を行う必要がある。第二に知識の開発、すなわちすでに成功しているものについて、さらに新しい応用法を開発する必要がある。第三にイノベーションの方法を学ぶ必要がある。イノベーションは体系的なプロセスとして組織化することができるし、まさにそのように組織化しなければならない。

ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人は絶望を希望に変えられる。無理だと思った瞬間に進歩は止まり、不可能だと口にしたとたんに未来はつまらないものになる。諦めなかったら挫折にはならない。


我々の行動のすべては、顧客の獲得か、顧客の維持を目的としている。


不景気は商売がうまくいかない原因ではなく、平等に与えられた条件にすぎない。


商売はスポーツと同じ 。一枚一枚積み重ねてやっていくということが一番大切なんではないかと思います。


社会に対してお返しもしない事業を持って、「事業は趣味ではない」などとは言ってもらいたくない。
【覚書き|シャープ創業からの経営哲学を語った言葉。次代の経営者に儲けを出し、しかも社会に貢献する事業を経営してもらいたいという思いを語ったもの】


経営者として社員とコミュニケーションを深めようと思ったら、社長室に閉じこもっていてはいけないと思う。めったに人前に現れず、どこか神秘的な雰囲気さえ漂わせている経営者もいるが、それではトップがどんな人間で何を考えているのか、社員には伝わらないだろう。社員の前に姿を見せ、ときにはスキンシップを図ることも、社長にとっては重要なコミュニケーション手段だと言うことだ。


規模を誇るより、中身を誇れる企業に。


私は、知的能力であれ、行動的能力であれ、さらに人間的能力について、限界を人様より敏感に意識するという性格が強いのである。私は過ぎ去った日々の中で、しばしばそういう孤独感にさいなまれながら歩いてきた。それだけに、私はものごとに当面して、私の出る幕であるかどうかを考え、その渦中から去っていったものである。


企業を経営するのに、危険を恐れすぎて九割九分までの確実性を要求するのは不可能である。むしろ多くの人に変わって合理的に危険をおかすことにこそ、企業家の本分がある。


ジョークを言えない人とは付き合えない。仕事だってなめらかにできない。そういうことを案外忘れているのじゃないか。借り着で表現している人は偉い人、自分の個性で表現すると下品だということになる。だから私なんかは、いつでも下品の烙印を押されてしまう。漫才みたいなことを言って、締めるところはきちっと締めるから、みんな安心して平等感を味わってくれる。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ