柳井正の名言|理想を持つと持たない、夢を持つと持たないでは全然違う

理想を持つと持たない、夢を持つと持たないでは全然違う。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

もっとサッカーがうまくなりたい。その夢があるから、毎日、目標を積み重ねながら、現役プレイヤーとして挑戦し続けることができている。

好きな言葉は「夢はでっかく焦らずに」。僕のでっかい夢とは、いまも映画を作ることです。

経営者の最も重要な仕事は、夢を語ること。経営者の描く夢が、多くの笑顔を生む夢であればあるほど、その夢は必ずかなう。

絶対に夢を諦めない信念が必要だ。失敗は諦めた時に初めて失敗になる。諦めなければ、夢に向かって努力し続けている最中といえる。

モチベーションとはすなわち「夢」。夢があるから、人はそこに向かって近づこうと頑張るもの。

夢を持ち、それを達成する楽しさを味わって欲しい。折角の人生なのですから。

未来に対する夢を持つ。この夢と希望があれば、現状がどんなにつらくても、超えることは可能。

強くギラギラ持つのも夢だけれど、淡くぼんやり持ち続けるのもまた夢です。でも夢を持たなければ何も変わりません。

志、強ければ画も醜く、浅ければ画も俗なり。

揺らぐことのない野心と希望さえあれば、夢は実現する。

ページの先頭へ