柳井正の名言|少なくとも自分が自分に期待しないといけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

誰も期待しないのであれば、少なくとも自分が自分に期待しないといけない。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

月曜の定例会議はなるべく会社にいますが、それ以外は電話、スカイプ、メールをフルに活用すれば、十分にコミュニケーションは取れます。

人間には頭と胸と腹というものがある。よく昔の人は「あれは腹ができておる」と言った。ところが若い人はよく「胸が熱くなる」とか「胸が痛くなる」と言う。ところが現代に近づくほどあまり腹とか胸とか言わなくなって、頭、あたまと言うようになった。これは時代の変遷をよく表している。頭(知)と、胸・腹(情、情意)のどちらが人間にとって本質的であるか、どちらが根幹でどちらが枝葉であるかといえば、これは言うまでもなく情意である、頭ではない。

年齢を重ねると、経験値の分だけ緻密なシミュレーションが可能になります。そのうえで挑戦するか否かを選ぶのですから、判断ミスは若い頃より格段に減るでしょう。そう考えると、年齢を重ねたほうが冒険しやすいと言えるのかもしれません。

人間が本当にやりたいことに時間を使えるよう補助するのがAIの本質。

私たちが報酬なしでも喜んですることは、給料のための仕事以上に私たちを幸せにしてくれる。私たちは食べていかなければならないが、生きるとはそれだけではない。創造的かつ評価される方法で貢献する機会は、エイブラハム・マズローがすべての願望の中で最上位に置いた自己実現に他ならず、それが仕事で叶えられることは少ない。

必要性と成果がわかっていても、失敗への恐怖心が強い部下世代は、最初の第一歩をなかなか踏み出せません。その恐怖心に打ち克つ自発性は、やはり成功体験からしか生まれません。

一度剣を抜いた以上は、息が絶えるまで、勝利を完全に手中に収めるまで剣を捨ててはならぬ。

ページの先頭へ