枡野俊明の名言|疲れにくくなるには

規則正しい生活を送り、生活態度を整えれば、疲れていても心が穏やかになるため、疲れが表面に出にくくなる。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

話す相手が20代と60代じゃ、当然使う言葉も違ってきます。声をかけるといっても、だれかれ構わず言葉を投げ売りするのでは駄目です。相手に伝わって初めてコミュニケーションになるのです。

石渡美奈の名言|相手に伝わって初めてコミュニケーション


「組織風土はトップの言動がつくる」といったことはよく言われますが、自身がミステイクをし、部下に迷惑を掛けたり、組織にマイナスのパフォーマンスをしてしまった場合にどのように対応するかは、まさに風土を作っていると感じます。

山本直美の名言|組織にマイナスのパフォーマンスをしてしまった場合のトップの対応が風土を作っている


課長として最初に任されたのが、商品企画課でした。商品企画課長は、営業や開発から上がる様々な意見を調整するのが仕事の1つです。しかし、商品企画会議で様々な意見を集約しようとすると、最後には「平均点より少し上の、面白みに欠ける商品」に決まってしまう、ということが、たびたびありました。この経験から、「最初に犠牲にするものを決める」ことの大切さを学びました。

坂根正弘の名言|様々な意見を集約しようとすると、最後には「平均点より少し上の、面白みに欠ける商品」になる


リスクをとって失敗し、最悪の場合会社を追われることになったとしても、その人は貴重な失敗の経験を手に入れています。悪戦苦闘する中で、できることリストには新しい項目がたくさん増えていることでしょう。こういう財産を手に入れて放り出されるのは、ただおとなしくしながら「うちの会社が傾きませんように」と祈っているよりよほどましだと私は考えます。

村上憲郎の名言|リスクを取り悪戦苦闘することのメリット


関東支店長だった藤沢博恭さん(のちのアサヒビール副社長)には粘り強さをたたき込まれました。「今月はここまでしかできません」。予算を組むときにそう言うと「なんでおまえが決めるんだ!」と怒鳴られました。「あきらめず、しつこく、できるまでやる」。藤沢さんに教わった大事なことです。

荻田伍の名言|あきらめず、しつこく、できるまでやる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ