枡野俊明の名言|疲れにくくなるには

このエントリーをはてなブックマークに追加

規則正しい生活を送り、生活態度を整えれば、疲れていても心が穏やかになるため、疲れが表面に出にくくなる。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

復帰直後は体力的にとてもきつかったです。ですが、私が面倒を見ていた学生さんたちがすごく理解してくれたので助かりました。ご自身も子育てを経験されていた助教時代の研究室の教授も、「子どもを産むのは大事なことだから、休むことなどは全然気にしなくていい」と言ってくれました。いま勤めている名古屋大には保育園も学童保育もあり、安心して仕事を続けられます。

当社の場合、一般用医薬品を除いた商品の開発期間は約13カ月。ゼロから企画を始めて製品化まで半年以内の商品も少なくない。通常、企画から研究、試作品の製作など段階を踏んで進めますが、当社はこれらの工程をほぼ同時並行で手がけることで期間を短縮しています。

おかゆでなく、握り飯の粒になれ。おかゆは組織に埋没している状態だが、握り飯の粒は組織に帰属していても自己主張をしている状態のこと。組織にいても、自主性や創造性を残しておく。今の時代、何が起こるか分からない。その時に、組織の論理で伸び切って自由裁量できる余地が残っていなかったら、不測の事態に対処できなくなります。

子供の時には怖い大人、おっかない人がいなければ駄目なんです。今の子供がかわいそうだなと思うのは、おっかない人が周りにいないことです。私の子供の時はどうだったかというと、祖父や父がいつも怖い顔で後ろにいたんです。ですから「こんなことをやったら大変だ」という気持ちは、しょっちゅう頭にありました。

日次決算で社員のコスト意識が明確になる。

グローバルに広がるネット世界では先行者利益がきわめて大きい。成功した企業の後追いでは絶対に勝てません。

どの分野に移動しても適応可能なポータブルスキル、例えば技術や顧客網、仕入れ先との信用、経理や人事などのオペレーションスキルなど、新しい仕事場でも使える無形固定資産があって、初めてキャリアを積み重ねていくことができる。

ページの先頭へ