枡野俊明の名言|疲れにくくなるには

規則正しい生活を送り、生活態度を整えれば、疲れていても心が穏やかになるため、疲れが表面に出にくくなる。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

結局、何を描いてもいい、僕らの自由だから。その中での正解探しは、本当に大変ですよね。

我々は日本に留まります。なぜなら日本人が持つきめ細かさ、真面目さ、そして長年「すり合わせ」の技術を勉強して進化させてきた人、すなわち「人財」がいるからです。

株式投資をする人は、株価が上がっているときは、いつまでも上がっていくものだと思い込み、下がると始めはそんなに下がるはずがない、必ず戻ると考え、それが下がり続けると一転、もっと下がるだろうと弱気になります。これが株式投資家の典型的な心理です。

偉くなったら、馬鹿になる修行をせよ。

社長の熱心は、社員にうつる。熱心にやっておるから、皆がそうなる。我がことのように、皆がやっていくようになる。

気をつけるべきことは、その国の発展にいかに貢献していくか、それだけです。ウィン・ウィンの関係を築きましょうと。それによって相手国を豊かにし、日本も豊かになります。

感情的になるのを防ぐためには手帳や日記に自分の感情を書き留めて、後で読み返してみるとよい。「自分はこん蔵ことを感じて怒っていたのか」とよくわかる。

全体の3割が障害のあるスタッフで、7割が健常者です。全盲のスタッフもいれば、まったく耳が聞こえないスタッフもいます。たとえば全盲のスタッフは、見えている私には気づかないことに気づくかもしれないし、耳の聞こえないスタッフも私にはわからないことを指摘してくれるかもしれない。そうやって様々なバックボーンを持ったスタッフが経験や感性を活かすことで、よりよいご提案ができると考えています。

親父は僕に商売を仕込もうと思って、僕の前で機会商や材木商との駆け引きを念入りにやる。機会が欲しくてしょうがないのに、いらないという顔をして見せる。以前よりも高値を提示した材木商に、本当は売りたくてかなわないのに「その値段じゃあ得意先を替えるほどの不義理をすることもない」とかやりおる。僕は親父の手口はわかっているけれど、向こうさんはまんまと引っかかる。

自分に対して寛容の精神を持って、自らの人生を素直に見つめれば、自分がどれだけたくさんのことを成し遂げてきたか、分かるはずです。自分の進歩を認識すると、新年に向かってやる気も湧いてきます。

ページの先頭へ