枡野俊明の名言|人の心を育むのは普段の生活態度にほかならない

このエントリーをはてなブックマークに追加

人の心を育むのは普段の生活態度にほかならない。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は新しいことを手掛けるときは、関連資料や本を読み漁り、それでもわからなければ「すみません、教えてください」と詳しい人に頭を下げ、理解できるまで「なぜ?」を繰り返します。恥をかくとカッコ悪いとは思いません。「鵜呑みにしない」「わかったフリは絶対にしない」が自分のルールです。

プロカメラマンにも撮れない写真がある。

大きな転機が訪れたのは、ホワイトカラーの生産性を上げる新規プロジェクトに任命されたとき。その中で、仕事を完成形、終わりの姿から考えるとよいと気がつきました。何をどのようにやればよいか、仕事の手順が自ずと見えてくる。それができていなかったので、いろんな場面で躓いていたのです。

理念浸透というと、何か特別な施策があるように思いがちですが、日々の仕事のなかにその秘訣が横たわっていることを、肝に銘じる必要がある。

みずから考えたことが実現できればそれだけで楽しくなりますし、ましてお客さまに喜んでもらえれば、嬉しいことこの上ありません。こうした体験が、社員のやる気の源泉になり、会社のパワーのもとにもなります。

文章を書く際に一番大事なのは、相手の側に立って書くことです。そのためには、まず相手のニーズを知ることが必要です。メディア関係者にリリースを送る場合なら、その雑誌や番組を研究したり、担当者に直接会ってヒアリングをしたりして、どんな情報が求められているのかをリサーチし、それを踏まえて文章を書きます。

この応接室には「勇気」と書かれた書が飾られています。この勇気はチャレンジだとか、ファイティングスピリッツだとか、そういうものです。特に会社の大事な時は、情報を集めて、考えに考え抜いて、決めたら絶対やってみせるというように考えています。

ページの先頭へ