枡野俊明の名言|人の心を育むのは普段の生活態度にほかならない

人の心を育むのは普段の生活態度にほかならない。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会議で、上司がテーマから大きく外れ、過去の手柄話を延々と続けているという状況で「その話、あとにしてもらえませんか?」とストレートに遮るのは無礼です。こういった場面では、上司の話と微妙に外したタイミングで「はい……、はい」と返事を続ける方法が非常に効果的です。首を動かさず、決して頷かないというのも大事なポイントです。すると上司は必ず調子を崩し、(どうしたんだろう?)と一瞬間が開くのです。そこですかさず「○○部長のお話、大変重要に思いますので、のちほどじっくり聞かせていただけませんか?」と相手を立てたうえで本題に戻すと、波風を立てずに軌道修正をすることができます。

50代以降の人は大きな流れを俯瞰する力、大局観を養うべきです。

企業で社員のモチベーションを上げようとするときは、給与やコミッションを増やすといった肉体の側面の方策が取られることが多い。しかし人のモチベーションに働きかけるのはお金だけに限らず、上司や同僚に認められたい、もっと学んで自分を成長させたい、仕事を通じて社会に貢献したいなど、いろいろあります。

どんなに優秀な人でも、直感で導き出された答えは、正確な答えとは限りません。にもかかわらず、「絶対これに違いない」などと思い込んでしまうと、わかったつもりになり、その時点で思考を止めてしまいがちです。

一番怖いのは機会損失。まずはやってみようという精神で、失敗してぶつかりながらも、そこから何かを学び取って着実に前に進んでいきたい。

失敗に学んで組織は変化します。そして会社の歴史が古くなっても、変えてはいけないものと、変えなくてはいけないものがあります。変えてはいけないのは、企業理念です。当社の理念は「美と健康を通じ、快適な生活にお役立ちする」。だから開発ではマンダムらしさにこだわる。これがなければ並みの会社になってしまう。変える必要があるのは時代とともに変化する価値観に柔軟に対応する頭脳だと思います。

脳に刺激を与えるには、「飯、風呂、寝る」という生活から、「人、本、旅」という暮らしに移行する必要があります。つまり、たくさんの人に会い、本を読んで、いろいろなところに行って刺激を受ける。そうしなければ、生産性は上がりません。これが、働き方改革の基本。

見栄を張って、わからないのにわかった振りをしたりしても、どうせ見透かされる。部下に頼るべきところは頼ったほうがいい。

アイシン精機はハードばかりやってきた会社なので、ハードとソフトが完全に切り離せなくなった時のビジネスモデルを作らなければならないというものすごい危機感を持っている。

きみ、油ショック(オイルショック)を、降ってわいたような禍(わざわい)みたいにいうけど、逆に油ショックがなかったとしたら、いまの日本はどうなっていたと思う? 48年までの高度成長が52年まで続いたと思うかね。油ショックは、そういう意味では「天の報い」でもあり「禍転じて福となす」といったきっかけで捉えなければ、まったくもって意味がないじゃないか。

ページの先頭へ