スティーブ・ジョブズの名言|ベストを尽くして失敗したら、ベストを尽くしたってことさ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベストを尽くして失敗したら、ベストを尽くしたってことさ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私も失敗するとすぐに落ち込むし、自分の発言に対して激しくバッシングされれば、それなりに傷つくし、へこみます。イソップ寓話に『樫の木と葦』という有名な話があります。太い樫の木は弱い風にはびくともしないけれども、すさまじい暴風が吹くと、耐えきれずに根元から折れてしまう。それに対し、小さな葦は弱い風でも頼りなく揺れるけれども、すさまじい暴風も受け流してしまい、折れずに残る、という話ですね。私のメンタルは、いわば「小さな葦」のようなもの。弱い風が吹くだけですぐに倒れてしまうけれども、風を受け流し、最終的には折れずに立っている。要は、ストレスをうまく逃がしているのです。

限られた時間で仕事をこなす習慣を身に付けたおかげで仕事の生産性が上がっていった。

仕事がうまくいった経験は誰にでもあるはず。それを分析していくと、「あのときはこういうことでうまくいった。こういうことが自分の良いところなんだ」と強みがわかります。すると、目の前の仕事にその方法が使えるだけでなく、自信を持って臨めるようになるでしょう。

事業経営は不況のときに伸びよといわれている。それは不景気のときに屈することなく、次に来る好機に伸びていく準備をすることだと思う。景気の波に乗ることは誰しも可能である。しかしそのときにすでに危険をはらんでいることも忘れてはならない。

金融商品を購入する際、コスト(手数料)は利回りにしっかり響いてきます。証券会社を比較しても、まったく同じ商品でも販売先によって手数料が異なります。利回りアップを狙うなら、コストはシビアに比較していきたいものです。

退却から前進に転じるのに必要な努力を麻痺させる、漠然として理屈に合わぬ筋の通らない恐怖感こそ、恐れなければならない。

市場で勝てる会社にするためには現実を直視し、背景にある原因を解決する必要がある。

ページの先頭へ