スティーブ・ジョブズの名言|ベストを尽くして失敗したら、ベストを尽くしたってことさ

ベストを尽くして失敗したら、ベストを尽くしたってことさ。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ブームを終わらせないために、ブームを大きなトレンドにしていく必要がある。日本人のライフスタイルに影響を与えるようなトレンドにすればブームが終わらない。

中村貞裕の名言|ブームで終わらせないためには


周囲の信頼を裏切らないよう、体調に十分留意するのがプロ。体調管理が完璧な人は、仕事にも配慮が行き届いている。

櫻田毅の名言|体調に十分留意するのがプロ


「ミス共有ボード」を使って、自分のミスを告白し、チーム全体で認識・改善して再発防止を図るといい。できれば管理職が率先してミスをボードに書き出し、部下がカミングアウトしやすい雰囲気をつくりましょう。重要なのは、ミスをした個人を責めるのではなく、その事実を原因究明と対策立案につなげること。決して個人の責任を追及するためのツールではないことを理解することが大事です。

松井順一の名言|ミスをカミングアウトしやすい仕組みをつくる


何よりも大事なのは人間再興の精神だ。難局に打たれ強い人間をつくること、工夫する、学ぶ、努力する人間にみんながなっていくことによって、企業は大きく変わっていくだろう。

村田昭治の名言|何よりも大事なのは人間再興の精神


「この商品をどう売ろうかな?」ではなく「この商品を買うという行動をお客さんにしてもらうためには、何をすべきか?」という発想で考える。そうすれば、売れない商品の問題点と改善点がわかる。

小阪裕司の名言|この商品を買うという行動をお客さんにしてもらうためには、何をすべきか?


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ