スティーブ・ジョブズの名言|ベストを尽くして失敗したら、ベストを尽くしたってことさ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベストを尽くして失敗したら、ベストを尽くしたってことさ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

中間管理職は、上からの情報を自分の言葉で噛み砕き、部下に組織の進むべき方向性を示しつつ、下の情報を取捨選択したうえで、優先順位をつけて上に伝える。もめ事を裁く父性と同時に、温かく見守り励ます母性も発揮する。そうすることで、組織内のコミュニケーションがよくなります。

一般的なイメージと逆の印象づけが正解。たとえば太っている人は行動的なキャラを出す。「(太っているけど)すごく機敏」「(汗をかいて)常にがんばっている」など、ハンデが愛される理由に変わります。

ネガティブ思考や被害者意識からは何も生まれません。ものごとのポジティブな面にフォーカスできるのが、稼げる人のものの見方、考え方といえます。

世界中の製油所を見て感じるのは、文化や習慣は国ごとに異なっても石油精製現場が抱えている課題は極めて共通性が高いということ。

重要なのは新しいマーケットを開拓すること。2番手、3番手にはなりたくない。同業他社が始めたから当社もやってみようというのでは、競争に勝ち抜くことはできない。

アサヒビール社長時代、コンビニエンスストアの社長と話をしていて、「一番の売れ筋商品は何ですか?」と聞くと、「おにぎりです」という答えでした。同じ日に外食チェーンの社長に会ったので同じ質問をすると、「おにぎりです」と同じ答えが返ってきました。まったく異なる業界で同じものが売れている。面白い現象だと思いました。ひとつの業界だけを追っていては見えないことがあります。売れ筋がおにぎりというのも、情報を共有して初めてわかることです。そうすると、「食べる場所が異なっても選ばれるのはおにぎり。では、どのようなおにぎりを開発すればいいのか」という視点から商品開発ができます。ここにビジネスチャンスがあります。縄張り意識が強くては発見できない事象が増えているのです。

不必要に悲観的にならず、あえてリスクをとりながら対策を打っていく。それが企業家というものでしょう。

ページの先頭へ