スティーブ・ジョブズの名言|ベストを尽くして失敗したら、ベストを尽くしたってことさ

ベストを尽くして失敗したら、ベストを尽くしたってことさ。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ベンチャー企業には、潤沢なリソースはありません。しかし、実現したい世界のビジョンであれば、大企業にも決して負けないものを持っています。

何より朝の立ち上がりをよくするのは、仕事にのめり込み、仕事を楽しむ姿勢ではないでしょうか。仕事で充実感と達成感を味わい、会社に行くのが待ち遠しくなることが、朝に強くなるための特効薬ではないかと思います。

会社の成功と社員の幸福は比例しない。今後はその両立が、企業の課題となるだろう。

海外事業では難題にぶつかる確率も高い。ただ、ブラザーの社員はそうした厳しい経験を通じて鍛えられてきました。

いままで人に詰め腹を切らせたことはないが、今度不心得者があったならば、八幡大菩薩、神かけて詰め腹も切らせようぞ。
【覚書き|朝鮮出兵時に語った言葉】

集中しないほうがうまくいくことだってあります。注意を散漫にしたほうが面白いアイデアを思いつくことがあるので、集中力が発揮できない時間帯を他人と雑談をしながらアイデア出しをする時間に充てるのもいいでしょう。

相手から関心を示されて嬉しいのは誰も同じです。気配りも、いろいろなテクニックがあるかもしれませんが、無理に繕えば嫌味なだけです。相手に関心を持っていれば、自然な振る舞いとして気持ちが伝わり、良い関係へと発展していくはずです。

新しい取り組みほどやり抜く覚悟が必要。

どんなに能力がある人も、組織や家族の問題があれば仕事の生産性を落としてしまうのはあたりまえ。特に会社の問題は、その人が退職するだけでは何も変わらない。組織的にメンタルヘルスの問題に取り組む必要がある。

財務面での我々のコストが他社に比べて重いのは確かです。それは、たとえ赤字でも、将来を見込んで投資を続けてきたからなんです。事業の急拡大に備え、今後3~5年の設備投資を、前倒しで実行してきました。

ページの先頭へ