ジャック・ウェルチの名言|ワークライフバランスなんて、くそくらえ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワークライフバランスなんて、くそくらえ。バランスなんか考えるから、ブレークしないんだ。ワークライフバランスは、人生全体で取ればいい。


ジャック・ウェルチ の経歴

ジャック・ウェルチ。米国の経営者。「ゼネラルエレクトリック(GE)」CEO。ボストン大学卒業後GEに入社。生え抜きとして出世の階段を上がる。1999年米国経済誌フォーチュンで20世紀最高の経営者に選ばれた。業績低迷にあえいでいたGEを人員の大量解雇と不採算部門の整理統合で蘇らせた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

入社3年以内に会社を辞める若者が多いといわれていますが、その仕事が自分に合っているかどうかわかるのは、人並みにこなせるようになってからの話。それにはやはり、5年から7年くらいはかかるでしょう。それくらいの時間を費やして、初めて適性がみえてくる。モチベーションが低い原因を仕事内容に求める人のほとんどは、我慢が足りないんです。その証拠に、「向いていないかも?」と思っていても、人から「このあいだ、よかったよ!」と褒められたら、「私、向いているかも?」と思ったりしませんか?「やる気」はそれくらいのことで変わるものなんです。

先日、「過去に機能していたけれど現在は必要なくなったもの」「決めた時はいいと思ったけれど、さほど効果がなかった制度」などを整理する「捨てる会議」を実施しました。

多くの人が思い込みを捨てられないのは、勉強ばかりしてきたからだ。教科書に頼りすぎなんだよ。いまの若い子はドライブもナビ頼りだろ。みんな同じ道を進むからすぐ渋滞するし、どこかが通行止めになるとパニックになる。仕事も同じで、通行止めになってからが勝負。その先を考えるのが本当の仕事だよ。

私の一番の投資対象は二人の娘たちです。多くのお金を残すのではなく、自力で人生を切り開いていける女性に育てることができたなら、自分はすべてを失っても構わない。

おもしろかったのは、ベルリン大学ではどの楽器の専攻者も歌の授業に出なければならなかったところでした。私の音域はメゾソプラノでしたが、自分の体を楽器にして歌うとなると、もう私の歌はどうしようもないレベルなんです。ただ、その歌の授業では呼吸と音楽の関係であるとか、フレージングの方法論であるとか、楽器を持たずに歌うからこそ「音楽とは何か」を考えさせられました。このとき、ヴァイオリンの一番の特色はそれこそ「歌うこと」であろうと思ったんです。ヴァイオリンは、歌に最も近い楽器なのではないだろうか、と。

保険というのはピープルズビジネスとよく言われますが、目に見えない商品を扱っているものですから、やはり人がつくる信頼だとか信用だとか、これがすべてなんですね。ですから、社員、保険販売を担う代理店の皆さんや地域社会、そういう人たちのやり甲斐とか力というものを高めていくことに私の仕事は尽きると思っています。

知識は2割が手に入れば、すぐに現場で試してみることです。カレーライスのつくり方を思い浮かべてください。カレーの歴史やスパイスの調合から勉強していたら、いつまでたっても鍋を火にかけることすらできないでしょう。肉とジャガイモとニンジンを刻んで鍋に入れ、ルーを混ぜればできるということがわかった途端「よしやってみよう!」とつくった人のカレーは、ひどい味かもしれません。でもその人は、周りから文句を言われることで改良のポイントを知ることができ、それを繰り返しているうちにいずれ美味しいカレーがつくれるようになるものです。仕事も同じです。

ページの先頭へ