是枝裕和の名言|耐えられない人は無理すべきじゃない

耐えられる人は耐えればいい。でも、耐えられない人は無理すべきじゃない。

是枝裕和 の経歴

是枝裕和、これえだ・ひろかず。日本の映画監督。東京出身。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業後、番組制作会社テレビマンユニオンに入社。テレビ番組のAD、ドキュメンタリー番組の演出家、ディレクターなどを務めたのち、『幻の光』で映画監督デビュー。海外でも高い評価を得て、ヴェネツィア国際映画祭やトリノ映画祭をはじめ、国内外の多数の映画祭で賞を受賞した。そのほか立命館大学産業社会学部客員教授、BPOにおける放送倫理検証委員会の委員なども務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は田舎の商店街の生まれ育ちだから、もとより失うものもありません。

竹中平蔵の名言|私は田舎の商店街の生まれ育ちだから、もとより失うものもありません。


我が社では何よりも「誠実であること」、つまりお取引先から「次もよろしく」と言われる仕事をすることを重視しています。

吉留学の名言|「次もよろしく」と言われる仕事をする


僕は、決して天性の才能に恵まれていたわけではありません。身長は176cmしかなく、豪速球が投げられるわけでもない。常に自分を変え、進歩してこなければ、猛者揃いのプロの世界で、生き残ることはできなかったでしょう。

工藤公康の名言|常に自分を変え、進歩してこなければ、生き残ることはできなかった


マネジメントで大切なのは、マネジャーとプレーヤーの役割をはっきりと線引きすることです。プレーするのは、プレーヤーであってマネジャーではありません。マネジャーの仕事は方向性を示すことと、部下が気持ちよく働ける環境をつくってあげることですから。

鈴木亜久里の名言|マネジメントで大切なこと


最初の配属先は融資事務課は法人融資の後方事務を担当する部署でした。朝から晩まで1000億円相当の何百枚にもわたる手形や大量の有価証券を机の上に広げ、そろばんをパチパチとはじき作業します。当時は電卓も普及しておらず、そろばんでは一般職の女性行員にまったくかなわない。自分が「足手まとい」に感じることもありました。集計が合わないと帰宅は深夜になりました。営業現場で活躍し始めた同期と比べ「自分は何をやっているんだろう」と、怒りとも焦りともつかない気持ちがこみ上げることもしばしばでした。ある日、課長に「残業が嫌なら仕事を効率化するアイデアを提案したら」と言われ、「そうか」と目が覚めたのです。

常陰均の名言|残業が嫌なら仕事を効率化するアイデアを提案したら


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ