是枝裕和の名言|偉そうなことを言う前に、とりあえずやってみれば

偉そうなことを言う前に、とりあえずやってみれば。

是枝裕和 の経歴

是枝裕和、これえだ・ひろかず。日本の映画監督。東京出身。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業後、番組制作会社テレビマンユニオンに入社。テレビ番組のAD、ドキュメンタリー番組の演出家、ディレクターなどを務めたのち、『幻の光』で映画監督デビュー。海外でも高い評価を得て、ヴェネツィア国際映画祭やトリノ映画祭をはじめ、国内外の多数の映画祭で賞を受賞した。そのほか立命館大学産業社会学部客員教授、BPOにおける放送倫理検証委員会の委員なども務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一人一人の役割の違いやプライドを大事にしないといい仕事はできません。また無駄な事務作業や会議から解放して仕事に集中できる環境づくりも重視しています。

心からの謝罪は、長い目で見ると結果的に、仕事においてもプライベートにおいても、より深い信頼関係をもたらします。誠実で、思いやりのある謝罪をすれば、相手は「自分を理解してもらえた」「高く評価された」と感じるものです。

ビジネスに正解はない。私も正解は知らない。だから、「アドバイス」ではなく、「ヒント」になりそうな話をするだけにしています。

何よりも意識しているのは、怒らないこと。僕、昔からケンカは絶対にしないんです。腕っ節が弱いので、ケンカしても絶対に負けるから、というのが一番の理由ですけど、プリプリ怒っているのはやはり健康によくないでしょう。

失敗の要因を分析する以上に、成功の本当の要因を分析することが重要だ。

あまり情報のチャンネルを増やしすぎるのもよいとは言えません。あちこちにアンテナを張り過ぎると注意力が散漫になって、逆に変化やビジネスチャンスに気付かなくなりがちです。それに本業がおろそかになっては意味がない。普段の生活から少しずつ変える。これこそがお金儲け情報に気づくためのコツだと言えます。

これは我が社の悪いところで、何でも「社長、社長」と言ってくる。些細なことで来るなと言っているのですが、社長の耳に入れておきたいということもあるのでしょう。とにかく飛び込みのアポイントが非常に多い。だからアポイントの内容を秘書に早め早めに伝えてもらって、「来週の火曜日に会いたいと言っているけど、この内容なら一週間はのばせるな」などと私にとっての優先度で判断します。

本から学んだことを生かすためには、「自分にひきつけて読むこと」を心がけましょう。たとえば『論語』に「過ぎたるは猶(なお)及ばざるが如し」という言葉があります。「何事もほどほどが大切。やり過ぎは良くない」という意味ですが、単に読むだけで済ませてはいけません。自分の行動を振り返り、この言葉が当てはまる場面がなかったか考えるのです。「昨日、部下をしつこく怒ってしまったけど、あれはやり過ぎだったのではないか?」というように、実体験と結びつける。そうすればその言葉は、実体験とセットであなたの脳に焼き付いていきます。

どのような状況でも生き抜ける応用力をつけるために、自分の頭で考える力を養っておきましょう。

農産物の高騰はエタノール問題が引き金でした。その向こうには原油問題があり、石油資源がいずれ枯渇する以上、この問題は継続するはずです。また、発展途上国の生活が豊かになり、畜産物の需要が増加する一方、欧米では健康志向の高まりから魚を食べるようになり、水産資源も需要が増えています。このように考えていくと農産物、畜産物、水産物とすべての需給のひっ迫が続くと考えざるを得ません。食資源を原料とする企業は、この認識を前提に展開する必要があります。

ページの先頭へ