高橋智隆の名言|上質なモノに触れながら生活することで、人間の感性は磨かれていく

このエントリーをはてなブックマークに追加

身の回りの品をひとつひとつ吟味し、上質なモノに触れながら生活することで、人間の感性は磨かれていく。それはクリエイティブな仕事をする上で、とても重要なこと。


高橋智隆 の経歴

高橋智隆、たかはし・ともたか。日本のロボットクリエイター。大阪出身。立命館大学産業社会学部卒業、京都大学工学部物理工学科卒業。京都大学で大学内ベンチャー「ロボ・ガレージ」を設立。数多くの独創的なロボットをつくった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お客さんに「ありがとう」と言われる。営業マンによっては、そのときに何も感じない人もいるが、これをきっかけに仕事への取り組み方を変えて、トップセールスに駆け上がる人もいる。では何が違うのだろうか。結局、自分ももっと売れるようになりたいと念じている営業マンでなければ感じることはできないのだ。

最もよく人を幸福にする人が最もよく幸福となる。

社会的に意味のあることなら、時間がかかっても必ず大きな花が開くはず。

この仕事に就いてあらためて思ったのは、日本と欧米の意識の差です。日本人は自分たちがしっかりやっていれば品質や安全は守られると信じている。一方、欧米人はそれを信じておらず、システムを構築し、個人の責任分野を明確にすることを考えています。グローバルビジネスの中でこの差は大きい。せっかく優れた製品をつくっても、国際規格や法律に不慣れなため、無用なトラブルを起こすケースが多々あるのは、率直に言って非常に残念です。

究極的には、社長が寝ていても勝てる組織が理想です。チームと仕組みは作るけど、後はあまり関与しないというイメージです。その代わり、社内の仕組みやルールを根本的に変える「メソッドチェンジ」を社長の仕事の主体にしたい。それは社員でも同じで、従来の仕事をしている時間の割合を5割ぐらいにまで下げたいですね。

経済外交を展開して改めて認識したのは、やはりトップが行かないと物事が進まないことがあるし、首脳会談で相手に協力を依頼することによって絡んだ糸がほどけていくこともあるということです。

まずは交渉相手として具体的な人を見つけることが大事。顔の見えない組織に向かって何を言っても、聞き流されるだけですから。そして相手にもプラスになることを示して説得する。それが基本。

アメリカに出る時、ターゲットをどうするかという議論はありました。最終的には「現地のアメリカ人」をターゲットにすることに決まりました。アメリカに日本人や日系人がいくら多いと言っても、限界があります。でもアメリカ人を相手にすると数億人になる。だったらそちらに挑戦しようと。

日本人も、すでに日常的にフェイスブックやGメールを使っています。それらを問題なく使っているのだから、日本のユーザーのために日本っぽくする必要はない。そこは間違えてはいけないと思います。

金銭は肥料のようなものであって、ばら撒かなければ役に立たない。

ページの先頭へ