是枝裕和の名言|間違ったイニシアチブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

作品よりも自分のことがかわいくなってしまうと、「俺の言うことに逆らうな」となりがちです。それを「イニシアチブ」と勘違いすることが、上の人間、映画で言うと監督には、しばしば起こる。ビジネスの世界でも、同じではないでしょうか。


是枝裕和 の経歴

是枝裕和、これえだ・ひろかず。日本の映画監督。東京出身。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業後、番組制作会社テレビマンユニオンに入社。テレビ番組のAD、ドキュメンタリー番組の演出家、ディレクターなどを務めたのち、『幻の光』で映画監督デビュー。海外でも高い評価を得て、ヴェネツィア国際映画祭やトリノ映画祭をはじめ、国内外の多数の映画祭で賞を受賞した。そのほか立命館大学産業社会学部客員教授、BPOにおける放送倫理検証委員会の委員なども務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

改革を実行したのは私ではなく、従業員たちです。私はテコであり、触媒にすぎません。

ナンバーツーの後ろには大将が控えています。ナンバーツーの仕事が竹刀による剣道なら、経営トップは真剣による斬り合いです。でも最終的な責任者が負ければ、会社もろとも決定的なダメージを受けます。だから大将、すなわちCEO(最高経営責任者)の役割は絶対に負けないようにすることなんです。

サプライズとは、投資家たちが考慮していないと思われるイベントだ。だから、現実のものになると、投資家たちは驚愕する。サプライズを発表しているのは、それをきっかけに、投資家に社会通念にとらわれずに物事を考えるようになってもらいたいからだ。

【覚え書き|毎年年初にその年に起こりうる出来事を「10のサプライズ」として発表していることについて】

バスケットボールという競技は、どんなに高い技術を持っていても、1人では勝てない。

我四十にして初めて惑い、五十にしてますます惑い、六十にして惑いを極め、七十にして惑いを楽しみ、八十にして惑いを悟り、九十にして惑いを終わり、百にして惑わず。

やる気が出ないときは、まず楽しいと思うことや、達成感を得られることから手をつけてみてください。心の赴くまま充分に活動すると、ほかのことへのやる気も高まります。

教育には時間がかかります。幸いにも会社の業績が良いので、社員教育には積極的に投資しています。

ページの先頭へ