ジェイ・エイブラハムの名言|最初から大きなことを狙わないことが重要

あなたが最初に出来る小さなステップから取りかかるのです。小さな成功を重ねていくことで、自分自身に対する期待値も徐々に上がってきます。最初から大きなことを狙わないことが重要です。

ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社員と起業家では、物事の考え方から行動パターン、醸し出す雰囲気まで、全く違うもの。しかし、独立直後から急に変われるはずもありません。副業で活動し、会社の肩書きに頼らず、丸裸の自分でどこまでやれるのかを味わい、経験を重ねていけば、独立前の期間で起業家脳を育てることができます。

過ちを告白することは掃除に似ている。箒で埃を払ったあとは、すっきりときれいになり晴れやかな気分になる。告白することは、より強くなることなのだ。

「部下から尊敬されたい」と思うと、弱点を指摘されたときに「自分は尊敬されていないんだ」と心が折れてしまう。でも「自分をあえて低く設定する」という戦術を取れば、そこにパスが飛んで来たらラッキーと思えるようになります。少なくとも「これで周囲の人を楽しませることができた」と思えば、心も軽くなるはず。

パナソニックでは冷蔵庫や洗濯機などいわゆる「白物家電」についても今までの機能的価値だけではなく、感性的な価値を重視してプレミアムなものを出していこうという方針になっています。なかでもオーディオ機器というのは、もっとも人間の想像力をかき立てる、感性の一番深いところに触れる商品なので、プレミアムなものに対する需要はあると見ています。

本当に、自由に仕事をやりたいと思ったら、常識やルールを自分で壊していかないと。

経営者として最も大切なことは、需要を創り出すこと。需要を創り出すのが企業を率いる経営者の役割の最たるもの。

ドラマや映画の仕事もいただけるようになった頃、ドラマでご一緒した沢村貞子さんに「あんた、見てくれがいいんだから、そのぶん、3倍は腕を磨かないと、この世界から消えちゃうわよ?」と激励していただきました。その通りだと思いました。僕はモデル上がりで演技の基礎を勉強していない。それが、コンプレックスでした。だから、その裏返しで「二枚目」というレッテルがすごく嫌だった。

私はカレーが好きでして、とくに小学校の給食に出たカレースープが大好物。給食のカレー味のラムネを作ったら同世代は泣いて喜ぶに違いないと確信して開発しました。ま、実際に、「まずいまずい」と喜んで買ってくれるのは30代までの若者ですけどね。

世の中の仕事の8割くらいは、全体像が見えてくると面白くなってくるものです。そのためには積極的に仕事に取り組まなければいけないし、積極的であるには気分と体調が良くなければならない。自分に余裕がないと仕事の面白さを見つけることはできません。

改革を実施するに際して、私は以前からいた役員の地位を奪うようなことはしませんでした。しかし、権限はすべて取り上げて、彼らの部下たちに渡しました。経営者の最大の役割は、会社が進むべき方向を決めること。現場がその方向に向かっている限り、余計な口出しは不要です。したがって、ラインの管理者もいらないというのが私の考えです。

同僚や部下から話しかけられて「いま忙しいから、後にしてくれない?」というのはよくない。仕事が忙しいのはわかりますが、こんな姿勢では、包容力など身につきませんし、周囲からも包容力のない人だと思われてしまいます。考え事の最中に話しかけられ、思考が分断されるといっても、実際はそれほど支障はないはずです。「ちょっと1分だけ待って」でもダメ。手を休めて、相手の話に耳を傾けましょう。また、情報が集まることで、洞察力も磨かれてくる。器が大きい人が鋭い洞察力を持っているのは、実は話しかけやすい雰囲気があり、様々な情報を聞いているからなんです。

テリトリーじゃないから他省庁に首を突っ込んじゃいけないという考えも捨てる。大臣就任以降様々な会議に出ているが、他省庁の所管事項でも経済が成長するのであれば、積極的にどんどん問題提起している。それが経産省の在り方だと思っている。

バンダイでは半年に一度、事業部長が集まり、方針発表会を開きます。自分の事業部は何をやりたいのか、一番やりたいこと、ポイントは何かを語ります。そのため、持ち時間は一人10分とし、時間が来たら「チン!」とベルを鳴らすルールにしています。ところが、持ち時間を超過しているにもかかわらず、事業計画を事細かに説明しようとする人がたまにいます。話のポイントが整理できていないせいです。

ページの先頭へ