ジェイ・エイブラハムの名言|情熱的になりたいなら、他者のために情熱を持つこと

情熱的になりたいなら、他者のために情熱を持つこと。

ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕は本社工場にものすごくこだわりがある。製造業である限り、モノつくりで生きていこうとする限り、経営の方針を決める本社は現場から離れてはいけないという信念があるからです。

「コツコツ努力していれば誰かが見ていてくれるはず」なんていうのは昔の話です。自分は劣勢に立たされているんだという危機感を常に持って、いまのポジションを上げるために、自分をより大きく見せる努力をしなければいけません。

勉強しながらでもお金が入ってくるようにする発想も必要。ネットなどを使えば起業の勉強中でも稼げます。また自分のアイデアを形にして、儲け度外視の小さなビジネスから始めてみることもオススメです。

やはり手を動かす方が頭も働きますし、私は筆記具屋ですから(笑)。
【覚書き|アイデアをまとめるのに手書きのメモを使う理由について語った言葉】

やり方次第では食べていける。

なぜそうなったかその理由に納得できないと人は動きません。上司から部下への指示も同じです。「とにかくやれ」では部下のモチベーションは上がりません。

自分の仕事がつらいと感じるとき、自分がいまなぜ仕事がつらいと思っているのか理由を明確にしておくことが重要です。これがわかっていなければ、次にいったいどんな行動を起こせばいいのかわからないからです。

経営者は大抵「危機感を持て」と言いますから、中途半端に言っても社員の意識には刺さりません。私自身、意識改革を促す時は、事業所内に標語などのポスターをよく張りました。「ポスター魔」とも言われたほどです。

課長職の人は、それぞれが豊富な経験をもっています。それゆえに、若い部下からの提案を自分の判断で却下してしまいがちです。もちろん、部下からの提案のなかには稚拙なものもあるでしょう。ダメ出しをするほうがラクでしょう。でも、それではチームのなかから新しいものが何も生まれてこない。だから、弊社では課長職に部下の提案を却下する権限を与えていないのです。その代わり、課長の責任を問うこともしません。

うちの会社では春と秋の2回、社長である僕の査定も行なっている。会社をどんな方向に持っていくか、長期ビジョンを示すのは社長の大事な仕事だから僕が決めているよ。でもそのほかの部分については、社員の意思を反映しながら会社を動かしていきたい。そう思って主任以上の社員による社長の査定を始めたわけ。査定項目は「社長としてみんなを引っぱっているか」や「採算をもう少し考えて欲しい」など、35項目からなっていて、社員は自由記述もできるようになっている。ちなみに僕自身は部下の査定は行なっていない。だから部下は自分が何を書いても自分の査定に跳ね返ってくることはないから、結構みんな正直にコメントを書いてくるわけ。経営の参考にさせてもらっています。

運動疲れや眼精疲労、心労など疲れには様々ありますが、どれも脳の疲れが原因。脳を疲れさせないためには、自律神経への負荷を減らすことが大切。回復させるには、質の良い睡眠が唯一の手段。

私が考えるクルマの味つけには先味、中味、後味の3つの味があります。先味は、そのクルマを見たときにオーラのような衝動を感じて「ああ、乗ってみたいな」という感覚です。見た目のデザインや広報宣伝などの刺激も先味の一種です。中味は、実際に乗って運転した感覚です。たとえば、カーブを曲がるにしても、ドライバーがこっちに曲がりたいなと思う方向に気持ちよく曲がってくれる。まさに快感、快適な乗り心地のよさで、今回発表の新型クラウンの中味はズバリそのものです。後味は、乗り終わったあとも乗り心地のよさの余韻が続き、「もっと乗っていたい、もう一度乗りたい」という感覚です。先味、中味、後味の三拍子揃ったクルマこそが本物のよさにつながります。これは、本物の美味しい料理を食べることと同じです。

管理職はいい意味で二重人格になることが重要。立場によって性格を使い分けるということです。経営者の共感を得られなければ、仕事を進められないので、経営者に対しては論理性・スピード・説得力を重視したプレゼンをします。一方、現場に対してはフォローしなければならないので、協調性・調和・対話という姿勢で臨むのです。

ページの先頭へ