ジェイ・エイブラハムの名言|卓越した存在となる唯一無二の方法

あなたが得る成功は、あなたがお客様やチーム、取引先に届けた価値と同程度です。価値をつくり出す人になることが、成功へ向けての第一歩であり、卓越した存在となる唯一無二の方法です。

ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

リーダーシップは社員間の競争の中で開発されるものではなく、根本的な人格形成や広い視野、長い時間軸でものを見る力を鍛錬していかねばなりません。

社員に素直に指示に従ってもらうには、社員の弱みを握ることが一番。商談でも相手の弱みを握っていたほうが交渉を有利に進められますが、それと同じことです。

何が何でも勝つという、勝ちにこだわる執念深さがあるかないかで結果には大きな差が出る。

話し方のスキルは、良くも悪くも周りへの影響が大きい。話下手な上司を手本にし、部下がそれを踏襲すれば、部署ぐるみで「話下手文化」が醸成され、さらに危機感が薄れます。まずは、個人単位で自らの話し方を客観視することが必要。

一番大事なのは、相手の良いところから先に話すこと。たとえば「君はやっぱりこういうところが優れていると思う。だけど、実はこういうところは課題だと思っている」と言う。この順番を間違えると、感情的に受け入れてもらえないケースが多い。

「できない」と即答する人はダメ。過去に経験したことのないことはできないって考えちゃう。できると思ってできないことはあるが、できないと思ったら絶対にできない。

しゃべりが苦手な人ならば「しゃべらずに売るにはどうすればいいか」を考えるといいでしょう。

「わからない」ときは、ハイリスクでも成功したときのリターンが高そうなら勝負に出るべきでしょう。一方でリターンが悪そうであればやらない方が良い。

文句を言う人がいても、120%の力を出せばいいだけです。「生意気な奴」と言われたこともありますが、褒め言葉と受け取りました。

自分に耳の痛いことであっても、それを受け容れる度量をつくるよう心がけることも、「帝王学」の重要な部分。

30代、40代の社員によく言うのは、「あなたたちの将来は45歳くらいでだいたい決まってしまうよ」ということ。将来をよくしたいなら、それまでに一生懸命考えて自分をつくる努力をしないといけないと。

いまの私は不幸な人のために余生を捧げたいという気持ちでいっぱいだ。人の世には数えきれないほど多くの不幸があるが、中でも親に先立たれた子供、子に先立たれた親、夫に先立たれた妻ほど哀れなものはない。私はこの3つを、人生の三大不幸といっている。そこで私は親のない子や、才能があっても貧しい子らのために育英事業を、扶養者のいない老人のために養老事業を、そして未亡人のために授産場や母子寮を与える仕事に、及ばずながら努力している。

18世紀初めにイギリスのダニエル・デフォーが書いたロビンソン・クルーソーの話はどなたもご存じでしょう。主人公のロビンソンが複式簿記の考え方をしているのです。話は彼の乗っていた船が難破して、無人島に流れ着くところか始まります。そして救出される28年間、島で過ごしました。ロビンソンはその間ずっと日記を書いていました。難破船から持ってきたものを記録して、一年ごとに財産の状況を比較していた。そして、決算書のようなものをつくり、その年を振り返って、良い点、悪い点を客観的に分析しました。彼は生活を計画的に経営したのです。その日暮らしをしていたら、生き残れなかったでしょう。

ページの先頭へ