ジェイ・エイブラハムの名言|卓越した存在となる唯一無二の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが得る成功は、あなたがお客様やチーム、取引先に届けた価値と同程度です。価値をつくり出す人になることが、成功へ向けての第一歩であり、卓越した存在となる唯一無二の方法です。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

小さなことでも、それに無心に取り組むことが、状況を変えていく突破口になる。

私の実感ですが、経験にムダはひとつもないんです。たとえば、コンサルタントという私の現職だけをみると、大学を出たらすぐにアメリカの大学でMBAを取って、大手のコンサル会社に就職するというのがもっとも効率的なキャリアかもしれません。でも、実際には味の素に就職して、九州のスーパーマーケットを回っていた経験が非常に役に立っているんですよ。店の倉庫整理を手伝ったり、ポスターを貼ったり。そういう経験を積んでいると、たとえばメーカーにコンサルティングをするときに「小売店のフォローが大事ですよ」といったときの重みが違う。「こいつはちゃんと裏づけがあっていっているな」と経営者の方が感じてくれるんです。これは、いわゆるエリート然としたコンサルタントにはない私の強みでしょうね。「いい経験をしてきたなあ」とつくづく思います。

臣を見てその君を知り、官をもってその人を察する、ということがあるのだから、臣下の善悪を知らないのは、暗将というべきである。だから、まず、よく近くの家臣の邪正を弁じて、正直の者に対しては、これを賞し、不道徳な者に対しては、これを教え導いて正道に帰すというのが、君子の道であることが肝要である。

受け身のCSR(企業の社会的責任)ではなく戦略的CSRへと大きく舵を切らなければなりません。将来のビジネスリーダーは利益を追求しながら、エネルギー問題や医療福祉問題など、社会の抱える難題を解決する必要があります。

今やるべきことに一生懸命に取り組む人の生き方は、実に魅力的です。人間的な魅力に磨きをかければ、たくさんの人が応援してくれます。多くの応援は、生きていくうえで様々な助けとなり、成果にも結びつきやすくなる。

どんなことでも、考えて実行するのはそう難しくはありません。しかし、そこに工夫がなければ成功しないし、儲からない。

先日、我が社で初めて40歳手前の役員が出たんです。その男に自分の強みは何かと尋ねたら「僕の強みはどんな仕事でも我慢して楽しみを見つけながら取り組めること。極端な話、どんな女性を嫁さんにしても上手くやっていける自信がありますよ」と言ったんです。冗談も半分でしょうけど、30代でそこまで言えるのは大したもんやと思いました。

ページの先頭へ