ジェイ・エイブラハムの名言|卓越した存在となる唯一無二の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが得る成功は、あなたがお客様やチーム、取引先に届けた価値と同程度です。価値をつくり出す人になることが、成功へ向けての第一歩であり、卓越した存在となる唯一無二の方法です。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

製薬会社の最後の務めは、病気で苦しんでおられる方々の苦しみや恐怖を、我々の手で作り上げた薬でいかに少なくしたりなくしたりできるかにあります。

「部下の話を聞く時間」のパフォーマンスを高めるためには、しっかり寝ることが重要です。睡眠不足の状態では、喋り続けることはできても、聞き続けることはできません。また仕事の話は、面白い話題ばかりでもないですし、ドラマチックなことがあるわけでもない。それでもじっくり聞かなければいけないので、寝ることが一番の仕事だと思って、7時間は睡眠に充てるように気をつけています。

世界トップクラスの人たちの思考や感性、振る舞いに直接触れることができて、たいへん幸運でした。ビジネスマンとして、大きな糧となりました。
【覚書き|ソニー時代、盛田昭夫氏の付き人として欧州を周り、トップクラスの人たちと接した経験について語った言葉】

受け入れられる毒舌は、意地の悪い皮肉なんだけれど、「言われてみればそうだよね」とヒザを打つような納得感や、「うまいこというねえ」とうなるような風刺がある、ということ。「一本取られたな」と思わせるような笑い。悪態のネガティブなパワーを覆すようなユーモアがなければ、毒舌はただの悪口になってしまいます。

礼儀正しさが人の本性に訴えかける働きは、熱がロウに伝える働きのごとし。

家庭においては読み聞かせをして、本を身近に置いておく、ということをしていました。一番重視したのは、読みたくなるであろう本を身近に置いておくことです。たとえば、まだ小さいうちには絵本をたくさん。小学生のころには子供向けの新聞を購読していました。また、夏休みには家族そろって図書館に通って、一人4冊まで借りられたので家族5人で全部で20冊、いつも目いっぱい借りてきました。その20冊をすべて並べておく本棚をつくっておくんです。それを目につくところに置いておき、好きなときに好きなだけ読む。全部必ず読まなければならないというわけではありませんが、そうしておけば全然読まないということはないものです。

「何らかの価値がある絵を描かなきゃいけない」とか、「誰かに期待されてそれに応える」絵ということじゃなく、誰も待っていない絵を、誰にも頼まれずにただ描く、そういう人になりたい。

どんなに優秀でも、自分たちと価値観を異にする人とは一緒に働けません。それは会社をやってきて僕が得た結論です。

数字は、たくさん見せるほど効果が弱まる。受け手が、本当に重要な情報を判断できなくなる。

何事もやってみないとわからない。「面白い発想がしたいなぁ」と思っているだけでは何も生まれない。他人が何を面白いと思うのかなんて、試してみないとわかりませんよ。だから、とにかくしゃべるし、やってみる。そうしなければ、自分を変えることはできないんじゃないでしょうか。

ページの先頭へ