ジェイ・エイブラハムの名言|「買ってもらうために何と言えばよいか」ではなく「どのような結果を届けるのか」と自問する

このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様はモノではなく、結果を買っている。より良い結果に導くこと、より大きな成果を得ることに焦点を当ててください。「買ってもらうために何と言えばよいか」ではなく「どのような結果を届けるのか」と常に自問してください。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

上から「これをやれ」「こうしろ」と強制的に与えられる仕事には、心がこもらないものです。心がこもらなければ、どんな優秀な人でもいい仕事はできません。

誰もやっていないこと、やってみないことをやるのが進歩。

多くの日本企業はいま、「研修・教育の強化」や「人材の見える化」などを通じて、海外進出を任せることができる人材の発掘を進めています。しかし、それだけでは難しいのではないかと感じています。つまり、グローバルに働きたい、活躍したいというモチベーションの問題なのではないでしょうか。

人生は常に「過去の自分の総決算」です。今の境遇に不満があるとしても、それが現時点での総決算。誰かのせいではありません。現状を打破しようとする「良き習慣」を身につけてこなかったから、そうなっているに過ぎないのです。

私はまた、私の敵にも感謝しなければならない。彼らが、私を失望させようとしたことがかえってこの仕事をやり通す力を私に与えたのである。

経済環境が悪化したり、新たな技術・製品が登場したり、経営環境は常に変化しています。世界経済の中で、あるいは開発競争の中で自社がどういう位置にあるか、どう経営の方向を変えていくかを、その時々で素早く判断しないといけません。

リーマンショックで、弊社も大きな影響を受けました。それを契機に自分達の活動をイチから見直すことになりました。それまでは、自分たちの価値をお客様に提供しようとやってきていましたが、自分達が顧客にとって価値ある存在にならなくてはならないということに気付き始めました。それで、会社のミッションを再認識することから始まり、ミッション、経営理念を見直して、それを具現化のために社名を変えようということになりました。

ページの先頭へ