ジェイ・エイブラハムの名言|最初から凡庸を目指してはいけない

最初から凡庸を目指してはいけません。そんなことをしたら、食べるのがやっとになってしまいます。

ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

前頭葉が総合的な判断をしています。前頭葉をどう鍛えるかがビジネス力を高めるカギ。

人間は多かれ少なかれ、世の中の役に立つべきであり、世の中の役に立つことをやるべきだという思いは昔からありました。「世のため人のためになること」を成すのが、人間として最高の行為であり、自分の人生はそのためにあるのだと信じて生きてきたつもりです。それが私のいう「大義」です。事業の展開を図るときも、つねにこれをベースにして考えてきましたので、大義は私にとって非常に大切な言葉です。

相手は人間だという前提で接するよう心掛けています。

違う言語を知ることで、日本語の良さを知り、見直すきっかけにもなった。何事も、一生勉強です。

自分を退化させず保つ方法として、自分なりの美意識や美学を備えていればこれほど望ましいことはないように思います。

部下のウソを見抜くため、まず何をするべきか。それは普段から部下の行動を見ておくことです。歩いている姿、書類の持ち方、報告するとき、視線はどこにあるのか。声をかけたらどんな反応をするのか……。その癖を把握しておくことで、「今日は喋り方がおかしいな」「いつもは正しく使う書類の文言を間違えているぞ」と気づくことができる。そしてそのズレこそ、これからウソをつこうとしている「兆し」にほかなりません。その兆しを察知したら、集中力を高め、部下の動向に注意しましょう。

どの段階でどのような表現を使うのか、その見極めは文章以外のコミュニケーションと同じです。早くからくだけた会話でやりとりしたほうが仕事をやりやすいと考える人もいれば、何度お会いしても一線を超えることは許さないという雰囲気を持つ人もいます。文章も同じで、相手との関係性によって変えていくしかありません。その意味では、文章力を高めるには、普段のコミュニケーション・スキルを磨くことが第一かもしれません。

いま求められているのは変革。いままでやっていた通りにやるな。

相手が話している間に「うんうん」と頷いたり「えっ?」と驚いたりすることで、相手は「ああ、わかってくれているんだな」という安心感を得られます。相手によっては多少オーバーにやってもいいでしょう。

社長には公私の区別はありません。店舗は24時間動いていて、私も常に経営のことを考えています。ゆっくりしていれば、無になれるわけでもありません。いまはまだ修行の時期です。

自分の国の言葉を努力して学んでいる人を、誰も悪くは思わない。好感を持って受け入れてもらえる点も現地語を学ぶ大きなメリット。

前後9年間にわたるこの通学が、ある意味では、その後の私の心身に大きな影響を与えたことは確かである。私の早起きの習慣はそのころ養われた。私は現在も一年を通じて毎日必ず日の出とともに起き出で、午前7時過ぎには田園調布の自宅を出て帝国ホテルへ向かうのを常としている。
【覚書き|旧制小学校中学校9年間について語った言葉。犬丸氏は往復16キロの道のりを徒歩通学し、無遅刻無欠席で卒業した】

成功を重ねることは、自信につながり、失敗を経験することは、謙虚さにつながる。この「自信と謙虚さ」は表裏の関係であるが、ともにリーダーにとって不可欠な要素である。自分に自信がないと、それを隠そうと傲慢に振舞ったり、あるいは知らないことに知ったかぶりをする。すると、気づかないうちに偉そうな態度で人と接してしまう。これでは決して、部下から信頼されるリーダーにはなれないだろう。

ページの先頭へ