ジェイ・エイブラハムの名言|最初から凡庸を目指してはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

最初から凡庸を目指してはいけません。そんなことをしたら、食べるのがやっとになってしまいます。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

女性は高いコミュニケーション能力を持っている人が多いと思われます。接客業はもとより、どのような仕事でもコミュニケーション能力を必要としない仕事はありません。これまで女性の活躍が十分ではなかった営業の仕事や管理職の仕事はコミュニケーション能力の高い女性には向いています。

最初から社内の賛同が得られたわけではありません。多くの社員は既存の成功体験の中にいました。熱心なファンを敵に回すのではないか。そんなところに本当に市場が存在するのか。反対意見が噴出です。いまいるのは互いにノーガードで殴り合う血まみれのレッドオーシャンだけれど、確実に市場はある。向こうは血の流れていないブルーオーシャンかもしれないが市場になるかどうかわからない。それでも腹をくくったのは、この方向性は絶対に正しいという自分なりの信念があったからです。
【覚書き|Wii開発をはじめたころを振り返っての発言】

身近な技術を組み合わせることで新たな価値を創造していきたい。これこそが、モバイルクリエイトの創る少し先の未来です。

仕事は、経験値がたまると、官僚化していく。ならば、自分から新しいことをやる部署に行けばいい。そうすれば、自分のやりたいことに挑戦しやすい。

お客様に対しては、「いつもあなたのそばに営業担当の私がおります」と伝え続けることが大事です。自分のことを思い出していただくために、毎月一回、手紙を書くのもいいでしょう。メールでのやり取りが多いいまの時代に、直筆のお手紙はとても有効です。

「いいサービス」さえ提供すれば、世の中は反応してくれると思っていました。しかし「そのサービスを人に知ってもらい、使ってもらい、リピートしてもらう」には、半年から1年近くの時間を要します。この時間を考慮に入れてなかったことが、「日交マイクル」の失敗の原因でした。結果、初年度で2億円強の赤字になり、最終的に4.5億円の累積赤字を抱えた。

起業当時は景気が悪く、会社がどんどんなくなっている時期だったこともあり周囲は不思議がりましたが、私は常々「こういう時期だからこそ会社をつくるんだ」と言ってきました。

ページの先頭へ