ジェイ・エイブラハムの名言|絶え間ない真理への探究がないビジネスは、やる価値のないビジネスだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

絶え間ない真理への探究がないビジネスは、やる価値のないビジネスだ。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

長く安定的にお使いいただける住宅を建て、それを正しくリフォームしていただく。建てたらお終いではなく、建てたあともリフォームを通して何十年もおつき合いいただく。そのなかから収益は十分に上がってくると考えています。

当社の歴代社長は、銀行出身か経営企画畑出身で現場を知りませんでした。そのため人員削減に踏み切れずにいました。しかし、NTNで初めて技術系出身のトップとなった私は、ほぼ一貫して開発や生産部門を歩いてきたため、どの工場にどんな機械があるかまで現場を知り尽くしていました。また、常に組織の傍流を歩んできたため、当社の体質や問題点を客観視できていました。

一塁までしっかり駆け抜ける姿勢は絶対に忘れたくない。ひたむきさを失わずに、人の心に何かを残せる選手、愛される選手になりたい。

周辺の「長くやってください」は「おはようございます」程度の意味合いでしかない。

ストレッチ・ゴール(GEの目標設定方法。現状では達成不可能な水準にあえて目標を置くこと)の特徴は、達成できなくても降格や減給など、ペナルティはないと保証されていることです。だから、不可能な目標に挑戦するのです。ストレッチとは、自分の、チームの可能性や潜在力を最大限に発揮するツールなのです。

ビジネスパーソンにとって人事異動は、竹の節のようなものだということ。竹が木より強いのは節があるからです。人間も適度に環境を変えて新しい経験や挑戦をすることで、節がつくられて強くなるのではないかというのが私の持論。だから、何か自分の意にそわない出来事があっても、「ここを乗り越えれば、この経験が節になって、自分はもっと強くなれるのだ」と考えればいい。それが心を強くする一つの手段になると思います。

視野狭窄(しやきょうさく)に陥らないためには、身の置き場所を変えてみること。それが難しければ、文学を通して、他の人の人生を疑似的に体験するのもいいのではないでしょうか。

ページの先頭へ