ジェイ・エイブラハムの名言|絶え間ない真理への探究がないビジネスは、やる価値のないビジネスだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

絶え間ない真理への探究がないビジネスは、やる価値のないビジネスだ。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

マーケティング畑の人間はマーケティングの視点からだけ問題を分析し、ファイナンス畑の人間はファイナンスの面からだけ考えがちになります。「2歳児にハンマーを持たせたら、すべてが釘になってしまう」ということわざがあります。ハンマーひとつしか道具を持っていなかったら叩くことしかできません。だから、専門を超えて総合的な視点から、何が問題なのかを見極める姿勢を養うことが必要です。

私はよく、会議の冒頭で「パソコンを閉じて、用意した資料も伏せて考えよう」と話します。議論の内容を重要な案件だけに集中させ、全員で知恵を絞り尽くそうという意図によるものです。苦労して分厚い資料を作ってくる参加者もいますが、あえて伏せてもらいます。その方が根本的な問題をシンプルに捉え、頭をフル回転させることができます。同時に、自分の言葉でしっかり意見を言うことも可能になります。

お互いの言いたいことがちゃんと伝わっているか、細かく確認することが大切です。若い人が黙って説教をニコニコ聞いていたとしても、本当ははらわたが煮えくり返り、コミュニケーションが断絶していることもあるのです。

コミュニケーション力は前提となる能力であって、それだけで武器になるというものではありません。新卒に求める力を企業に聞いてみると、苦しい環境でも挑戦する力、自ら成長する力など、積極性が必要だと言います。コミュ力だけではダメということも覚えておきましょう。

起業する前に最悪のケースを想定するといいでしょう。例えば、300万円借り入れて失敗し200万円の債務が残ったとします。「乗用車1台分」と思えば、怖さは薄らぐのではないでしょうか。

いままでのJALであれば「フィロソフィ(哲学)」と言われてもバカにしていたでしょうが、破綻を経験し、以前のやり方では駄目なことはわかっていたので、びっくりするくらい浸透していきました。実践の場でも、皆どんどん吸収していきました。

社員の目に見えるところでは「あたふたしない」「ニコニコする」ことに注意を払ってきました。トップが動揺すると、部下たちはそれを敏感に察します。この大切さは、郷里の富山で地元に影響力を持ち、組織をまとめるのがうまかった母を見て学びました。

しっかり眠るには、起きている時間に入眠を促す「睡眠物質」を脳にためる必要があります。帰りの電車内で寝てしまうと、せっかくたまった睡眠物質を使ってしまうので、夜、寝付きが悪くなったり、睡眠が浅くなります。

死は人生の総決算である。肉体の朽ち果てたあとに、なお残るものは、ただ、肉体が動いている間に成した真実のみである。

いろいろ工夫しても、不公平だと文句を言う部下が出てくるかもしれません。やるべきことをやっているならば、そうした声を気にする必要はありません。上司が意識の低い部下と一緒に地を這っていたら、チームは機能しません。上司は高い意識をもってマネジメントにあたるべきです。

ページの先頭へ