ジェイ・エイブラハムの名言|絶え間ない真理への探究がないビジネスは、やる価値のないビジネスだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

絶え間ない真理への探究がないビジネスは、やる価値のないビジネスだ。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

本来だれもが自分の世界観を持つことが必要なのではないでしょうか。それによって自分の人生を生きていくわけですから。ビジネスのためにも自分の人生のためにも。

収益規模を拡大し、リスクを取って成長していく。そうしたサイクルを健全に回していきたい。

ものづくり技術には「匠の世界」が存在します。HORIBAのようなハイテク技術にもそれはあります。匠とは、類まれな技術を獲得することだけではなく、大事な技術を磨き上げていくその精神を指します。これが会社の財産として従業員に伝承され、共有されなければならないと思うのです。また、この匠の精神があるから競争力のあるユニークな商品も世に出せるわけです。しかしこれは、生身の人間が実際にやってみないと分からないもの。ゴルフの解説書を読んでゴルフが上達するのなら、皆さんだってすぐにシングルプレーヤーですよ。経営もこれと同じです。

コミュニケーション力を高めるため、特に切磋琢磨したという記憶はないんですが、レコード会社時代に学んだことはあります。それは、外国人に特有の「なぜ?」という問いに対して、常に答えを用意しておくことです。仕事は、海外アーティストとの交渉が主で、相手は弁護士が多かったのですが、彼らは必ず、理詰めで来るんです。「なぜミュージシャンのアルバムにテレフォンカードが必要なのか?」。それに対して「日本のファンは収集することに喜びがあり、限定で付いてくる特別なものに価値を見いだす。付加価値が付いているアルバムを出すことで、日本のファンにより温かく迎え入れられる」というような論法を用意しておかなければならない。「Why?」に対するコミュニケーションはこのときに鍛えられました。

これまでの仕事で上手くいった方法の中には、ここシーガイアで通用するものもあるはずです。そこで、過去にお世話になった各分野の専門家を現地に招き、スタッフと一緒に働いてもらいました。私が前に出るのではなく、スタッフがディスカッションを通して専門家から直接吸収できるようにしました。

効率的に大量のメールを処理するポイントは、「読む回数」と「書く時間」を減らすこと。

僕も若かったころには、大失敗というのは何度も経験しています。相手の言うことを額面通りに真に受けて聞いてしまって大失敗。それは何度もあります。

ページの先頭へ