ジェイ・エイブラハムの名言|成功した人も、小さな失敗を繰り返してきた

このエントリーをはてなブックマークに追加

いきなり上手に何もかもできる人はいません。成功した人も、小さな失敗をたくさん繰り返してきたのです。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会議は長いけれど、意思決定が早い。それがリコーの会議の伝統といえると思います。リコーの場合、会議は最初から結論が決まっていることが多く、その結論について「どうしようか?」という話しにはなりません。結論が決まっているのに会議に時間をかけるのは、会議自体が意思決定を組織全体で共有するための大事な手続きでもあるからです。

江戸前寿司と言えば、昔ながらの下町スタイルで楽しむ食事という印象をお持ちの方が多いと思います。しかし、時代はどんどん流れていくもの。今や銀座には、年齢も人種も様々なお客様がいらっしゃいます。時代の変化に応じて、寿司も柔軟に変わっていってもいいでしょう。

全体の売上構成比を考えれば、数%しかないG(ガンダム)とうふシリーズで失敗してもたかが知れています。実際、様々なコストを考えると、同シリーズのみでは赤字だったりします。けれども、世の中で話題になったことで、相模屋の認知度は一気に高まりました。これにより、他の商品の売り上げが引き上げられています。期待は全くしていませんでしたが、結果として、全体の売り上げアップにも貢献しています。

僕にできることは限られていますが、その中でできるだけ他人を喜ばせられないかと工夫しています。

ひとつの立派な行為が、誰の口にのぼることなく死んでゆく。それは残ってあとに待つ立派な行為を何千も屠殺することになる。

地域に愛されるドラッグストアにするためには、地域医療連携も重要になります。地域にある、かかりつけドクターなど医療機関と密接な関係を作り、地域の健康増進を一緒に進め、医療問題を解決していこうとしています。

ビッグデータは、データを機械に投入しコロコロと回せば答えが出るというものではない。営業や製造部門などデータを活用するビジネス現場の社員と、情報分析専門の社員が協働し、計画、実践、フィードバックを循環させないとうまくいかない。

私は演じることを仕事にさせてもらっていて、その中で一生懸命あがく楽しさみたいなものがわかってきました。

迎合上等! 若い人はもっとかわいがられる努力、愛される努力をした方がいい。やりたいことを実現させるには周囲の協力が不可欠ですから。

大学卒業後に入った日産での最初の配属は、追浜工場の生産管理部です。その後、協力会社の生産管理・指導を担当する部署へ。工場で、ストップウォッチとにらめっこしながら、100個の問題点を洗い出す。そんな仕事に明け暮れていました。当時の上司は、私の「心の師」的な存在で、尊敬していました。一緒に車体組み立て工場に出向いた時、その上司が言ったのです。「車体のパーツが最終的に組み合わさる瞬間、火花が飛ぶ。この瞬間だけが付加価値を生み出し、それ以外の工程はすべて無駄だという目で見なさい」と。どんなビジネスにも火花が出る瞬間、つまり付加価値を生み出す「本質」がある。まず、それを見極めることが、マネジメントの出発点。その上司は、仕事人としての真髄を教えてくれました。「火花の瞬間が大事」という教えは、どこの会社のCEOになった時でも、最初に考え、実践してきたことです。

ページの先頭へ