ジェイ・エイブラハムの名言|優秀な人との生の会話ほどためになるものはない

本を読むことも大切ですが、優秀な人との生の会話ほどためになるものはない。

ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事の面白さを感じられるかどうかで、成長する人とそうでない人の差がつくのかもしれません。

会社の生み出すものがお客様の満足をつくり、社員の幸せをつくり、ひいては世の中のためになる。

若手幹部の成長なくして、ポテンシャルも高く、意欲は世界一の我が社の若い社員たちを育てられるはずもありません。つまり組織の健全な成長も得られるはずがありません。

通常、依頼する立場は、それを受けるかどうかの主導権を相手に握られている弱い立場です。ところが、劣勢な状況を一瞬で優勢に転じることのできる言葉があります。「ご関心がない場合は、はっきりお断りください」。余裕を持ってこう言い切ると、形勢が逆転し、こちら側に場の主導権が移ることがあります。また、もともと買う気のない顧客を峻別することができ、時間の無駄がなくなります。

公の立場になればなるほど、決断の強さが出てくる。

私がやることは一人一人と面接して、どうすれば売れる営業マンになるかを徹底的に教えることです。売れている人を真似するのではなく、自分の強みを知ってコツコツと努力すれば絶対に人は変わります。

よく徳に報いる者は、将来の繁栄のことはさておき、今日ただいまの丹精(心を込めて励むこと)を心掛けるから自然と幸福を受けて、富貴がその身を離れない。

我々人間や組織も、固定概念や思い込みを持たないように、絶えず現状を否定して新しいことにチャレンジしていくことが必要であると考えています。

日本でもその激務を考えると、若くて有能な人がCEOになるべきではないでしょうか。それに若ければ、長期の視点から経営もできます。

人間いつ死ぬか分からない。時間を無駄にしていたら、やりたいと思っていたことを実現できない。

『もしドラ』を出版する前から、私は修業のために大量の文章をブログに書いていました。習慣化が大事というのが私の持論で、呼吸をするように書く間合いをつかもうとしていました。平均して原稿用紙で1回10枚くらい、仕事が終わってから書きました。一番大変だったのは仕事でもブログでも文章を書き、なおかつ『もしドラ』も書いていた時期です。最も量を書いた人間が、少なくとも下手なはずがありません。

当社に11期連続2桁成長をもたらした原動力のひとつが、POSシステムを使った情報の管理・分析・活用であることは確かです。ただ、当社はひたすらデータを重視し、数字を重視する会社かといえば、そんなことはありません。実は、どこよりも情を大切にしている会社でもあるのです。

普段締め切りに遅れがちだという人は、予想する時間の1.5倍程度の時間をとって予定を組んでみましょう。この方法は、所要時間が読みづらい初めて経験する仕事の場合でも有効です。忙しいとギリギリの見積もり時間で予定を組んで、できるだけたくさんの仕事を詰め込みたくなる誘惑にかられますが、それこそが締め切りに遅れる原因のひとつです。まずは量をこなすより、ひとつひとつの仕事を予定通りにこなすことを優先すべきです。

ページの先頭へ