ジェイ・エイブラハムの名言|自分自身ではない他の人に焦点を当てて物事を理解しなさい

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分自身ではない他の人に焦点を当てて物事を理解しなさい。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

武士は義のためには、たとえ貧に処するも厭(いと)わず、不義のためには、富貴であっても好むところではない。

会社をよくするために何を大切にしないといけないか、頭では分かっていても、そのためにこの一カ月、この一年何をしたか、これからの一年に新たに何をするか、仮に聞かれたとしたら、なかなか答えられないのではないでしょうか。分かっていてもやらなかったら、望ましい結果は手に入りません。

42歳で貯金はゼロでしたが、それでも役者以外の仕事はいっさいやりませんでした。それも映像だけで、舞台の仕事は断わっていた。受けると、それだけでスケジュールが埋まってしまいますから。スケジュールを空けて映像の仕事を待っているのに、来ないわけですよ(笑)。女房も専業主婦に専念していましたから、お金は事務所に前借りしていました。女房が「働け」と言うこともありませんでしたね。

創業者とサラリーマン経営者の違いは、「この会社を何とかしないといかん」という理念とか、職業観のようなものかもしれない。サラリーマン経営者の中にも、立派な経営者もおられるから全部がそうとは言いません。でも創業者には、自分の出世のためという思いはない。「世の中はこうなる」「こう変わっていく」「だからこれをやりたい」という強い思いだけがある。

日本メーカーの強みは、何といっても生産技術にあります。デフレ圧力は簡単にはなくなりません。海外拠点、中でも中国で生産体制を整備することは不可欠ですが、それだけでは競争力を高めることはできません。企業は将来を見据えた研究開発戦略を構築し、自らの強みを磨いていくべきです。

私が理想とする社長は、現場に近いトップである。現場を見て歩き、情報を逐一収集するエネルギッシュな経営者がよい。これは、相当なエネルギーを消費するので、ある程度若くないと務まらない。高齢の人では現場に即した経営はむずかしいはずだ。

難航が予想される交渉ほど、ビジョンを準備する重要性は高まる。また、困難な交渉におけるビジョンは社会貢献や社会的責任の完遂といった崇高さを持っていた方がいい。なぜなら、次元の高いビジョンほど、離れた立場を引き寄せる力が強いからである。

ページの先頭へ