ジェイ・エイブラハムの名言|タイムマネジメントとは

タイムマネジメントとは、今日あなたがすべき最も重要な3つのことについて決めること。そしてその理由を把握していること。

ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日本経済の行方といった大きなテーマで考えてみれば、いつまでも働くことができる、生きがいのある毎日が送れる環境を整えれば、年金に頼らない暮らしの実現も可能となる。社会保障の行方を案じる前に、いつまでも収入を得ることができる社会の実現に、寄与することも経営者としての責任ではないでしょうか。

社長が100個素晴らしい話をしても、それが会社組織の縦一本のラインを伝わるうちに、現場社員にまったく届かなくなるかもしれません。だからまずは大事なメッセージをひとつに絞り、それを末端まで確実に伝える。そしてまたひとつ、ひとつと社員の心に確実に届くメッセージが増えていくような組織をつくりあげたい。

年齢に関係なく、成果を上げれば、どんどん重職を任せるのが当社のポリシー。

時間が貴重なのはトップだけではありません。気を付けているのは、部下を待たせないようにすることです。たとえば、電子メールを書きかけているところへ、報告のために部下がやってきたとき、僕は絶対に後にしてくれとは言いません。自分の仕事は自分の生活の中で調整できますが、部下を待たせたらその分だけ彼の仕事がストップします。会社にとって損失です。だから僕は、部下がやってきたらすぐに手を止めて報告を聞きます。

私はこれまで、一貫して自分が日本人であることを意識し、作風でもかたくなに日本にこだわってきました。

当社の経営、営業を支える基盤といえるのが「富士メガネ総合情報システム」(FTIS)というオンライン顧客管理システム。同システムのよい点は、全社あるいは各営業店で、いま何がどのくらい売れていて、何が売れていないのか、誰が売っていて、誰がどんな仕事をしているのかということが、全部分かるようになっていることです。また社員それぞれ得意・不得意分野も違い、取扱商品の単価や数量ベース、作業スピードも異なりますが、同システムでは、それらを含むありとあらゆる情報が数字に表れるようになっているので、スタッフの指導についても非常に有効に機能しています。

人間は本来、朝になると交感神経が優位になり、夕方以降、副交感神経が優位となります。つまり、朝日が昇るとともに活動を開始し、日が落ちるとともに眠る、という生活が一番疲れないのです。子供が元気なのは、まさにこうした生活をしているから。

キヤノンでは、一人一人の社員が必ず仕事の目標を数字で表すことを求められます。そして、「お前はその数字で物語をつくれるのか」と問われます。数値目標の達成に至る実行の物語を自分で考えなければならないのです。

会社内部でのベクトルを合わせるということは、決してモノトーンの集団になれということではありません。

コンビニ業界では「加盟店同士は交流させない」が常識でした。本部に苦情を持ち込まれるのが怖いからです。それでは求心力は生まれない。各地で加盟店のオーナーさんと対話する政策発表会を始めました。

日本の保険市場は人口減によって縮小に向かっており、もはや国内にチャンスはないということが盛んに言われています。しかし、私はそうした見方をしていません。少なくとも国内で努力すべきところがまだ多く残っています。戦略の立て方次第で、国内で成長できる余地はまだ十分にあるのではないでしょうか。

日本企業がこれまで取り組んできたのはグローバル化ではありません。国際化です。グローバル化と国際化は似たようなイメージを持たれますが大きく違います。国際化は日本を起点に考えています。日本人は日本の考え方をもとにして海外を見る傾向にあります。逆に海外からどのように見られているかは考えられていません。一方でグローバル化は地球単位で物事を考えなければなりません。

社長就任後、失敗プロジェクトに学ぶ研修も始めました。上手くいかない案件にはどんな問題点があり、それを避けるにはどうすればいいのかを、営業とSE(システム技術者)の両方の社員が数千人単位で集まって勉強をします。私自身も参加し、社員たちが実際に現場で体験した事例を持ち寄って議論しました。

ページの先頭へ