ジェイ・エイブラハムの名言|お客様にとっては、あなたの利点なんてどうでもいい

このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様にとっては、あなたの利点なんてどうでもいい。お客様はお客様にとっての利点を知りたいだけ。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

無念無想の時間が長ければそれだけ健康になれると信じている。私は84歳になって、また虫歯、入れ歯が一本もない。食事は肉を少なくし、生野菜、とくに年中手に入りやすいキャベツをたくさん食べる。生まれつき丈夫だったのだろうが、長寿に関係あるとすればこんなところかもしれない。

部下のモチベーション低下の原因を探るために、飲みニケーションで業務時間外の付き合いを増やすのも一案です。しかし昨今は、公私の切り替えが当たり前になり、会社帰りに部下を飲みに誘っても、なかなかついてこない時代になったと愚痴る人も少なくありません。そんな人の解決策は、部下の立場に立って、なぜ誘いを断るのか、なぜ自分についてこないのかと、自らを省みる以外ありません。すると、自分の話ばかりをしていて、飲んでも楽しくない、あるいはタメにならないと思われていることに気づくのではないでしょうか。

朝出社したら、5分以上を要する仕事はすべてスケジュール化し、一日の予定を組んでしまうことです。そのうえで顧客の急な依頼が入った場合、緊急を要する事情を聴きだして、本当に必要だと判断したときだけスケジュールを組み替える方が賢明です。予定が詰まっていれば、顧客にもその日に訪問できない理由を説明できるはずです。

言語学は言葉がどう使われるかに注目する学問で、カタカナ語が使われること自体を良い悪いではとらえません。ただ乱用する風潮は個人的に好きではありませんし、相手がわからないと思ったら日本語に置き換えてあげるべきです。その心遣いはビジネスマナーに通じるのではないでしょうか。

日揮という会社は非常に好奇心の強い会社です。技術屋というのは、常に新しい、複雑なことにチャレンジしたいもの。その好奇心をチャレンジ精神につなげる技術者集団なんです。

一番の基本は不正のない会社です。企業統治をきちんとやり、税金もきちんと払い、約束事をきちんと守る。誰が見ても、どこから見ても自分たちが誇りを持てるような会社を作っていくことです。

日本でのダイバーシティーは「男女共同参画」といったテーマに集中しがちです。我々は様々な国籍やキャリア考え方の人間が集まり、良いアイデアや革新が生まれることが真のダイバーシティーだと考えます。

研修をうまく活用すれば、企業が直面している課題が何なのかを、トップから一般社員まで全社員で共有し、さらに解決のための考え方や姿勢、知識や情報、技術などを、すみやかに組織全体に行き渡らせることが可能になります。

変化の時代には挑戦する企業がうんと伸びるチャンスがある。

とくに企業組織の場合、担当者の立場によって課題が異なることがあります。品質担当者が「品質低下は絶対に認められない」と言い、営業担当者が「そんな商品は売れない」と言い合っていたら議論になりません。そこで定量化するのです。たとえば製造方法を変えるといくらコストが下がり、販売予測はどのように変化するのか。数値に置き換えて説明する。そこではじめて、同じ土俵に上がって議論ができるようになるのです。

ページの先頭へ