ジェイ・エイブラハムの名言|理念をつくる前に理解すべきこと

まずあなたが何を成し遂げたいのか、何を背景として働くのかを理解しない限り、最善の理念は生まれない。

ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「主力事業がダメだから新しい分野に」という発想で取り組んだ新規事業の多くは失敗します。転職も同じ。仕事がうまくいっていない時の転職は、成功する確率は低いでしょう。

悲観的になりがちなときは、こう考えてみてはどうだろう。そもそも世の中においしい話はない。金融的な考え方をすれば、コストとベネフィット(費用と利益)、リスクとリターンは一致します。つまりこの世の中には、楽でつまらないことか、大変ですごくいいことのどちらかしかないのです。

「利用者/提供者」という枠組みを壊すことが大切。一方的な立場で丸投げするのではなく、真のパートナーとして一緒になってその先のビジネスを考えていかなければ、本当に価値のあるものは生まれない。

よりよい人生を引き寄せるためのメンタルは、自分自身が「~したい」という自分の「want」の気持ちです。自分が心からやりたいと思えれば、仮に挫折し、その克服に莫大な精神エネルギーを費やしたとしても、必ず得られるものはあるはず。

大人の学びはとてもシンプルです。自分にとって必要だと思うことを学べばいい。

私はアナウンサーって、一種の職人だと思っているんです。フリーの方々の場合は、技術に加えて個性が重視されると思うのですが、私はいちアナウンサーとして、どんな要望にも応えられるような技術を持った存在でありたいと思っているんです。

いま必要なのは「イノベーションシンキング」です。ロジックだけでは成功を導きづらい時代です。イノベーションと呼べるような新しい価値を作り出していかなくてはいけない。諦めることは簡単ですが、ビジネスを含めた勝負の世界では、諦めることはナンセンスです。死にもの狂いで生き筋を探すことで、初めてイノベーションが生まれるのです。

ビジネスの壁にぶつかった時期に運動を始めました。最初は部下から皇居ランに誘われたのですが、たったの2kmで持病のぜんそくが出てリタイア。当時は仕事が苦しすぎて(笑)、もっと苦しいことをやれば、仕事が楽になると思ったんです。私はハマリ症。どんどん打ち込むようになり、昨年はトライアスロン世界選手権大会の日本代表に選ばれました。

アパレル業界の異端児と言われ続け、新しい分野に挑戦していますが、「成長が見込めない分野には進出しない」のが僕の経営哲学で、その手法は「地道」かつ「理詰め」だと思っています。

戦場で敵と味方とが対陣したならば、敵陣のほうでまだ防備の不十分な箇所を速やかに撃ち破るといいだろう。古語にも、「よく敵に勝っ者は、形成が優れていて勝つのではなく、臨機によく敵を制したからである」といい、また、「即戦即決の勝利」という言葉もあるのである。

あっという間の人生です。いま充実しているのであれば、それをエンジョイすればいい。クヨクヨしないこと。そもそも人生などどう転ぶか誰にもわからないのですから。

社員同士、お互いを知り合うと、意見や提案が出やすい雰囲気が生まれる。同じ部門の中でも、社員ごとに一応の役割は決まっていますが、例えば、キッチン担当者が接客することもある。役割の違う社員を緩やかに連携させることでも、社内のコミュニケーションは活発になります。

目の前のことを一生懸命やり続けることで経験値が積み上がり、仕事の質も高めていける。

ページの先頭へ