ジェイ・エイブラハムの名言|理念をつくる前に理解すべきこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

まずあなたが何を成し遂げたいのか、何を背景として働くのかを理解しない限り、最善の理念は生まれない。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

不況や経済環境が悪いときは、競争優位性を発揮できれば、逆に企業間格差がつくチャンスでもある。知恵と汗を絞って努力していくとき。

システム開発では、思わぬ赤字案件が出てきます。そのときに必要なのは、たとえば想定される赤字額が10億円だとしたら、それをできるだけ早く確定し、その10億円を出発点にいかに赤字額を圧縮できたかで実績を評価することです。いつまでも赤字になったことだけをあげつらっていては、担当者の士気は上がりません。損失がはっきりしないまま、時間の経過とともにその額が膨らんでいくリスクほど、怖いものはありません。

どんな手を講じても、売上げが伸びない。そんな声をよく耳にします。私にも、そんな状況がありました。でも、諦めないでください。打開策はあります。

「○○さんも愛用!」といった有名人のコメントがあると、信用度がグッと上がり、購買意欲が高まります。これを「後光効果」と言います。特に男性は、権威的なものに弱い傾向があるので有効。著名な大学教授や医者などのお墨付きがあると、「○○先生が言っているんだから、いいものに違いない」と、買っていく確率がアップするんです。

会社には10年ごとに垢を落とす変わり目がある。苦しくとも、それは絶対にやらなければならない。

自然界は、成長の代償として、努力と忍耐を要求します。成長の過程に必要なさまざまな克服の体験は、多くの場合、もがきと痛みとの闘いになるでしょう。しかし、ひとつひとつの克服が、必ず成長をもたらします。そして、克服するごとに、成長のレベルを維持することができるのです。闘いは必ず終わります。痛みも、一時的なものにすぎません。

電車がスイカやパスモで簡単に乗れるようになりましたが、そのために区間の電車賃がいくらなのかわからない人もいます。仕組みの中で安住し、自分で物事を考えなくなるのが怖い。逆に仕組みを作る人は膨大な情報を駆使し、知恵とノウハウを蓄積する。そのギャップがそのまま収入格差になる。

次世代経営者育成研修では、次世代経営層としての視座を高める他、同じ綿半グループに所属しながら、あまり面識のなかった社員が研修を通じてグループとしての一体感を醸成するものです。宿泊を伴う年間5回の研修で各社で培った異なる経験をミックスし、グループに共通する言語を作り上げることで一体感が生まれています。これが変革と成長への大きな力になります。

仕事の上で、あまり自分自身を精神的に追い込むことつもりもないのですが、常に自制し、己に勝つことができるように、ストイックに仕事をしていきたい。

希望の業務と関連度が高い資格はもちろん履歴書に書くべき。一方、複数の資格を持っていても、税理士・販売士・宅建などすべて履歴書に書いてしまうと、ただの「資格マニア」に間違われることもあるので注意を。

ページの先頭へ