ジェイ・エイブラハムの名言|ビジネスを好転させる最も容易で最速の方法

ビジネスに最も重要な原動力は理念である。ビジネスを好転させる最も容易で最速の方法は、理念を見直すこと。

ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

生活必需品とは違い、基本的に私たちの商品は無くても生きていけます。その上でなお、欲しいと思っていただくため、ワクワクやドキドキを作ることに力点を置きました。

子供のころから「私たちはみんな、自分の星を目指して歩まなければならない」というのが父の口癖で、私の決断に影響するようなことは何ひとつ口にしようとしなかった。

周囲の上司や友人は「自分」に肯定的で、自分が大好きな人が多かった。エリートと呼ばれる人たちは、子供の頃から「自分で自分を褒める」という習慣を無意識のうちに積み上げてきたのでしょう。悩み事があるときや成果が出ないときは、気持ちが後ろ向きになることもあります。しかし、そんなときほどネガティブではなくポジティブになるように、どこかで気持ちを切り替える。そうやって、少しずつ好循環に戻すことを、外部要因に任せるのではなく、自分から内面のスイッチを入れる。そんな心がけをぜひ実践していただきたい。

これから重要なのは顧客との接点力だ。大手や中小の会社のオフィスに入り込み、事務機回りのサポートやコンサルティングサービスまで手掛ける。ここまで顧客と強い接点力を持つ業界は、家電メーカーやIT企業にもない。

人間、喧嘩をした場合、どんな方法をとってでも相手の弱点を突いて勝たなければいけない。一度、負けたとなると、いつもその人間に一目置く気持ちを持つようになる。それは犬の喧嘩を見てもわかるであろう。負け犬はいつもその犬に会うと、しっぽを巻いて逃げる。

日常活動の面で経営理念に織り込むべき事柄、たとえば「お客様大切の心」とか、お得意先との「共存共栄」という考え方は、しつこく「基本の考え方」として説きました。

自分がいまいる場所からさらに高みを目指すなら、普段と同じ行動をしていてはいけません。異質なものや一流のものに触れ、自分の感性を磨いたり、新たな視点を得ることが大切です。

一般に選手の育成とチームの勝利は、両立が難しいといわれます。若い選手は、試合のなかで失敗を重ねながら成長していくものです。そのため、選手の育成を優先させれば、チームの勝利をある程度度外視しなくてはいけない場面が出てきます。逆に、チームの勝利を重視すれば、若い選手に失敗が許されるチャンスを与えにくくなる。だから両立は難しいわけです。でも僕は、両立は不可能ではないと思っていました。プロ野球では年間144試合のうち、80勝前後すれば、残りは50敗しても優勝することができます。ということは、その50敗を選手の成長につながる負け試合にすれば、選手を育てながらでも優勝できるはずだからです。

企画書は読み手の興味を惹くフックを1行目に持ってこられるかどうかにかかっています。たいていの人は、1行目には目を通してくれます。しかし、2行目を読ませるのは難しいのです。2行目、3行目でカバーしようとしてはいけません。一流の人は1行目に力を込めます。

朝出社したら、5分以上を要する仕事はすべてスケジュール化し、一日の予定を組んでしまうことです。そのうえで顧客の急な依頼が入った場合、緊急を要する事情を聴きだして、本当に必要だと判断したときだけスケジュールを組み替える方が賢明です。予定が詰まっていれば、顧客にもその日に訪問できない理由を説明できるはずです。

ページの先頭へ