ジェイ・エイブラハムの名言|価値を提供すればするほど、結局、数字としての結果もより良いものとなっていく

価値を提供すればするほど、結局、数字としての結果もより良いものとなっていく。

ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

リオ五輪で石川(佳純)は思わぬ初戦敗退。こういうとき、怒ったり、一緒に敗因を徹底分析したりする指導者もいるでしょうが、私はあえて距離を置きます。本人が泣いて反省しているのに慰めてもしょうがない。下手をすれば後悔が大きくなってしまう。あくまで本人の頭が冷静になるのを待つのです。

気持ちが沈んだときは寝ます。今日はダメだったかもしれないけど、明日は頑張るうって。

出版界には、つくり手の世界観や感性が雑誌や商品に反映されるべきだと考える人が、いまだに少なくありません。でも、どんなに自分のセンスを雑誌に表現できたとしても、つくり手が満足するだけで、読者や広告主に理解されないケースが多いのです。

素質があれば、苦にならずできるはずです。本気でやりたいと思って続けられているのなら、それは素質があるということだと思います。

ほとんどの人はなんとなくやっていればお金は貯まるし、普通に生活ができると甘く考えています。しかし、ライフプランを実現したい、貯蓄をしっかりしたいと思うのなら、よっぽど工夫をしないと難しいでしょう。

時間軸で未来を見通す力ができれば、何でもかんでも「いまやらなければ」という強迫的な感じにならずにすみます。大切なことはいまやるべきこと、先送りしても大丈夫なことを合理的に仕分けをすること。そのバランス感覚なんです。時間というものは目に見えないものですが、書き出すことで可視化、空間化ができる。具体的にはノートや日記をつけることをお勧めします。とくに日記はページで時間を区切っていくので時間を空間として認識するのに役立ちます。

人間が考えたことは実現すると言われますが、口に出さなければ実現しません。だから僕は、まず口にする。

家族も、スタッフも、仕事も大事。私にとっては、すべてを大事にするのが必然。

「このままじゃ、このまち、まずいぜ」的に熱く語って、共通の危機感を持っていただくことが必要な場合もありますが、僕の場合、そういう方法はどうにもならないとき以外には使いません。むしろ、「楽しいからやろうよ」ぐらいの感じが、人を動かすには一番効果的なんです。

人はシュートを打って外して、シーンとなるのが一番怖いんです。だから、僕が外したら、リバウンドだけは頼むわっていうのは(相方に)言うてます。でも、仮に小杉がリバウンドを捕ろうとしてうまくいかなかっても、一人じゃないと思えるから次も打てる。売れた秘訣があるとしたら、そういうとこなんやと思います。

英語の社内公用語化で本当に企業理念を理解できるかというと、どうなんでしょうか。やっぱり日本の市場で、日本語で育った会社ですから。その理念や文化を外国語で教育するのは、なかなか難しいよね。理解できないでしょう。日本語の実態が分からなければ。

自分が無理なくできることをいくつか見つけたら、たとえ小さなことであっても、「自分はこれしかできないんだ」もしくは「これがあるから大丈夫」とあえて考えてみる。そして、その能力を磨き抜く。あれもこれもと考えるより、そのほうが結局は仕事の幅が広がっていくように思います。

地元では知られていても、全国的な知名度が低いために、新事業にチャレンジする資金が集まらない。そんな事業者が地方にはとても多いんです。ファンドを組成することで、資金調達だけでなく、その活動内容や存在についても発信ができます。マーケティング的な効果も大きいですね。

ページの先頭へ