ジェイ・エイブラハムの名言|自分の価値をあなたが認識せずに、他人があなたを評価するはずがない

自分の価値をあなたが認識せずに、他人があなたを評価するはずがない。

ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

M&Aには条件があります。まず、我々のコア技術を生かせる領域であること。次に、シナジーを出せること。さらに、その市場が大きくなること。いくら我々が強くても、市場が大きくならなければ仕方ありません。炭素繊維や繊維など世界一の事業を強化するために、こうした条件に合致するものがあれば投資を惜しみません。

期待を抱くこと、それはつまり幸福であるということなのだ。

60歳を迎えたとき、お金はあるけど毎日がつまらないという状況は避けたいものです。人生の目的は何なのかをこの時期にもう一度問い直して、ハッピーな老後を迎えてください。

仕事をしていると、思うようにいかないことがあったり、判断に迷ったりすることがあると思います。そんな時に頼りになるのが、悩みを聞いてくれる相談相手です。家族や友人に相談する人もいますが、1人でも構わないので、仕事の状況を分かっている社内に「相談しやすい人」を見つけておくといいでしょう。1人で悩みを抱え込まずに済みます。

落ち込んでいる生徒に対して「やればできる」といった言葉をかけるのは、無責任な気がします。それよりも、相手のことをよく見ながら、やる気のスイッチが入るような環境を整えてあげることの方が大事だと思っています。

独自のロボットを開発し続けるうちに、いろいろな仕事の依頼が舞い込んでくるようになりました。遊びがいつの間にかビジネスにつながった感覚です。

今の時代、大きな夢って持ちにくいじゃないですか。どかーんと大きな夢を立ち上げて、それに向かって邁進するというのはあまり現実的ではない。でも、目標管理ならできます。小さな目標をたくさん設定して、一つひとつそれを実現していけば、人生、そこそこの状態になっていると思うんですよ。

業務を効率化するために欠かせないのが会議です。GEの会議では、ワークアウトという問題解決手法を使います。ワークアウトでは、まず問題が起きている原因について、参加者一人一人が思うところをポストイットに書き出していきます。それを壁に貼り、ファシリテーターが整理して、いくつかの原因に絞り込んでいきます。その解決策についてふたたびアイデアを出してもらい、さらにそれを整理したうえでアクションに落とし込みます。

夜に趣味の時間を設けている人は要注意。それは就寝時間を遅らせる原因になります。しかも「楽しいこと」をすると脳が活性化するので、寝つきも悪くなります。楽しい時間は、朝に設けると良いでしょう。

トップというものがどういう発想をするかによって全てが変わる。

僕は自分が自分の人生の主役であり続けるためにも、周りがなんと言おうとアーチェリーを続けようと決めたのです。

街というものは、時代を映して変わり、成長していくものです。最初の丸の内開発は明治・大正期。丸ビルが開業したのは1923年(大正12年)です。2回目の開発を行った当時は、日本が高度成長に向かい、オフィススペースの確保が最優先に求められた時代でしたが、20世紀の終わりごろから経済の状況が変わりました。人びとのライフスタイルも変わり、丸の内にも、ただ働くだけでなく、アメニティ(快適さ)や文化的なものが求められるようになりました。

高級ホテルに取引を持ちかけたら、客さえ呼んできてくれたらいいよと言われました。ホテル側にとって、リスクが小さかったからでしょう。通常4万円するホテルの部屋を仮に2万円で予約できたら、お客さんにとってはオークションで安く落札したようなもので、喜びますよね。お客さんはホテルに行ってお金を払います。ホテル側も客が実際にホテルに来て代金を回収してから一体に手数料を払うので、不安がない。当社のモデルが良かったのはそこです。

ページの先頭へ