ジェイ・エイブラハムの名言|不幸の原因を他者に求めてもしかたがない

このエントリーをはてなブックマークに追加

不幸の原因を他者に求めてもしかたがない。肝心なのは、その問題自体ではなく、どうやってそれに対処するかということ。


ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

嘘の情報を流すなど言語道断だが、利益を得られるとなるとモラルを無視した使い方をされる可能性は否定できない。とくに経済活動に直結する情報サービスは、そのようなリスクがない仕組みを備えた事業を設計しなく打てはならない。
【覚書き|ステルスマーケティング問題に対しての発言】

複数の競合プレーヤーがいる中で、どんな付加価値をつけることができるか、どういうユーザー体験を顧客に提供できるかが重要だと考えています。

私は、タスクの最初のアクションはできるだけ自動化しています。例えば、「メルマガ作成」など、定期タスクに取りかかる時間が来たら、いつも使っている文章のひな型がパソコン画面に自動でポップアップされるように設定している。これだけでも作業の効率はかなり変わってきます。

私はどんなことでも遠くのほうから始めます。たとえば、戦が始まったとして、はやっていきなり敵方の城の本丸に乗り込んだら、すぐにやられてしまいます。そのような性急なことをせず、外堀から埋めていく。遠くのほうから誰にも分からないほど少しずつ着手して、気がついたら、あっ、こういうことをやってきたのかというのがいい。いつも私はその手法なのです。

ザ・ウィンザーホテル洞爺を世界で通用する本格リゾートホテルに育てたい。そう奮い立って重視したのは、私どもが提案するライフスタイルに共感するお客様に来ていただくための、それも何度も来ていただくためのマーケティングです。食文化や北海道の大自然を体感できる上質なリゾートでの過ごし方を提案してきました。

私はこれまで何百人もの店長を見てきました。その経験から気づいたのが、業績が好調な店の店長と振るわない店の店長では、話し方に違いがみられます。その違いとは、好調な店ほど「ワンフレーズ」を大事にしているということです。営業中の店舗では、店長とスタッフがじっくり話し合う余裕はありません。でも好調な店の店長は、フロアや厨房でスタッフとすれ違う際に、必ずひと言声をかけます。仕事の話なのに、まるで自分の大好きな趣味についての話をしているかのように、楽しそうに話すんです。もちろん注意することもありますが、多くは褒め言葉です。その店長がいいなと思ったことを自然に口に出しているんです。

社長が毎日、目いっぱい働いていないと、組織がダレてしまいます。常に緊張感、危機感を持って挑まないと、次の大きなステップは生まれないし、厳しい競争の中で生き残ることは難しい。ですから社員にも、そのような意識で切磋琢磨してもらうように、日ごろから激励することも忘れないようにしています。

ページの先頭へ