ジェイ・エイブラハムの名言|行動によって成し遂げられた結果の方が、より多い

人生は、単なる瞑想によって成し遂げられる成果よりも、行動によって成し遂げられた結果の方が、より多い。

ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社にとって製造技術の刷新は重要なミッションのひとつです。

人生は苦悩と退屈の間を振り子のように行ったり来たりする。飽きると言うと悪いことのように聞こえますが、言い方を変えると満たされた状態だから飽きているのです。苦悩と退屈は際限なく繰り返されていくのだから、飽きている状態は苦悩がはじまる前の心の安定期と捉えることもできます。そう考えると、それほど悪いことではないと思います。

最近、父親の子育てが注目されているのは、一歩前進だと思います。ただ、「育児休暇」っていう名称はあまりよくないですね。「休暇」とつくと他の人から、「なんだよ、休みやがって」と反発を受ける。それもなかなか取得が進まない一因じゃないでしょうか。だから、「育児研修」とか「育児訓練」という名前にすればいい。

「手間をかけよう、気を込めよう」。営業部長に就いた時も社長になっても、従業員に対してずっとこの言葉を繰り返し伝えてきた。

あらゆる職種の社員が私たちの財産だと確信しています。能力を最大限に伸ばし発揮できるよう、社員一人ひとりが上司と一緒に開発育成プランを組んで実践します。

辛い経験は、怒りに変えて仕事に取り組んできました。怒りが出ますと、勇気百倍になって、世の中に怖いものがなくなるのです。「よし、これもやろう」「あれもやろう」と言って、普通ではなかなか決断できないことも「やっちゃえ」みたいになるのですね。

産業構造の転換で強みを失わないためにも、モノ作りの在り方を見直していく必要はある。

努力をしなくても楽天市場に参加しさえすれば儲かるなどという夢物語を語るつもりはない。現実の商店街だろうと、インターネットの仮想空間だろうと、努力と工夫を重ねなければ成功はありえない。いやもしかしたら、インターネット上のほうが、より大きな努力を必要とするかもしれない。インターネットショッピングがこれからもっと盛んになっていけば、差別化する努力をしない店舗は膨大な数の中に埋もれてしまうだろう。

いまもモデル時代のイメージで見ている人がいるかもしれないけど、役を演じることで、そのイメージを少しずつ変えていきたい。

普遍的な考え方やノウハウなど、優れているものならば、買収側、被買収側にかかわらず、どんどんトランスファー(移転)し合えばいい。お互いの自主性や文化の違いを認め合いながら、一緒にやっていくことでいつの間にか融合する領域が広がって成功する、というのがM&Aの理想型だと思います。

事業のポートフォリオを市場の変化に合わせて柔軟に変えられるかどうか。これは1回きりではなくて継続的であることが重要。

社長になってから一番苦しかったのは、リーマンショックです。直前の2008年3月期は過去最高の業績で、水ぶくれのように大きくなっていただけに、落ち込み方も激しく、受注が大きく減少しました。いくらうちが多様化していても、全産業が低迷となればどうにもなりません。そこでまず身の丈に合った組織とコスト構造の再構築を目指しました。

残業ゼロでできた時間は、自宅にトレーニングジムを作ったので、そこで体を鍛えています。食事を取った後に運動してから床に入ると、実によく眠れる。朝起きると、頭の中が冴えています。午前中の仕事の能率が格段に上がる。

ページの先頭へ