ジェイ・エイブラハムの名言|98%の問題はコントロール可能

本当にコントロール不可能なことは、あなたの人生のおよそ2%程度でしょう。残り98%の問題はコントロール可能。

ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社長の仕事はいろいろあります。経営企画、人事、トップセールスも大事ですが、最も大切なのは社員に思いを伝えることだと考えています。

当社のような研究開発型企業が世界市場で戦っていくには、ユニークな技術を常に開発している状態をキープしておかなければなりません。しかし、残念ながら、日本人スタッフだけでこれを続けていくことは難しい。そこでグローバルな視点から海外企業と業務提携し、そして買収していくというかたちで事業の拡大を図ってきました。

後継者選びは社長の一番の仕事。

企業は自分の好きな分野、得意な分野で頑張って成果をあげた人が評価される場所です。そのほうが企業にとっても本人にとってもいい。

一生懸命にやった結果、失敗したのなら、それ以上やりようはないんだから、一杯飲んでパッと忘れて、「よし頑張ろう」って切り替えられますね。

「こいつにはついしゃべってしまう」という友達はいませんか。あるいは、なぜかモテる知りあいとか。そういう人は聞き上手ですから、話しながら観察して、やっていることを真似すればいいのです。

独創性を出すことは容易ではありませんが、経営者としてできることはひとつです。それは才能豊かな若い社員にチャンスを与え、存分に燃えてもらうことです。弊社の柱であるコンピュータ事業を立ち上げたのは、池田敏雄氏をはじめとする当時20代の若手社員でした。

日本に限らず、どの国の個人投資家もグローバルに分散投資すべきだ。企業は既にそうなっている。グローバル化が進んでいる大企業にとって収益源となっている場所は本拠地ではなく、製品やサービスを提供している地域や、イノベーションを起こしている地域になっている。同じように個人投資家も、ローカルベース(自国単位)ではなくグローバルベースで、資産の運用益を上げていくことが求められる。

今年の秋はレギュラー、シニアツアーともに多くの試合に出させていただきました。日本シニアオープンは38位、富士フィルムでは37位。どの試合も出場最高齢ですから、「よくやってる」と人には褒められますが、心の中では「できればベスト10に入りたかった」なんて思っているんですから欲の深いゴルファーです。

現場には思い込みがはびこっています。たとえば、営業マンは売上第一で売掛金の回収は経理の仕事など。そうした営業現場から「取引先の財務状況が悪化している」などの報告が出てくるはずもありません。問題を解消するには、具体的なマニュアルとともに、営業トークなどの行動様式をわかりやすく教えることです。これで現場はかなり変わるはずです。

営業で重要なのは訪問件数よりも見込み客へのアプローチ件数、そして決裁権のあるキーマンと会った回数。ただキーマンと会っただけでもダメで、最終的には「今年の予算で考えます」と確約をとって初めて意味がある。

億万長者のオーナー経営者に関して見ると、学歴は多様。大卒が一番多いものの、高卒や中卒もかなりいる。他人が思いつかないようなビジネスを始めた人というよりは、事業を立ち上げ、数十年間コツコツと継続してきたというタイプが多い。

経営者にとって「負け戦」くらい参考になるものはない。全ての負け戦が教訓になる。

ページの先頭へ